年を重ねると悲しみも増えて行く

130406_キクザキイチゲ_2

お世話になった人が亡くなった

お別れ会に行こうと思う

  年を重ねると 親しい人との別れが多くなっていく

 長男の死は 胸に今も鉛を抱えているように 重たい悲しみとなって存在している
  心が快晴になることはない
笑っても 心の底が重たい
  笑いながら 胸の奥にある悲しみを感じている

   深い悲しみの穴もある

    時々 落っこちる

月日が 悲しみの落とし穴の場所を教えてくれる
  それでも
思いがけないところに 穴があったり 地雷がある

  落ちないように気を付けていたら 地雷を踏んだりする
  地雷を踏まないようにしていると  穴に落ちたり

   悲しみはいたるところに潜んでいる

      親も6人逝った
 
祖父母も・・・いとこも
   友人も 級友も 親戚の親しい人も
お世話になった人も

数多くの死という別れを体験してきた

   物心ついたときから数えたら  何十人・・いや百人・・二百人・・?

   悲しみなんて 勉強しなくても  生きているだけで悲しみがある

  親しい人との別れのない人生を送っている人っているのだろうか

   祖父母や両親との死別の体験はある程度年を重ねたら 
       ある・・と思う
  それでも

 悲しみを 本で学ぶ人たちって  理解できない

    どんなに学んでも 対岸の火事 

    机上論
         体験に勝るものはない

    体験した人は 悲しみは癒せないことを知っている
   体験した人は 悲しみは消せないことを知っている
      体験した人は 悲しみは愛だと知っている

     シドニーの自死遺族支援の会議では グリーフという言葉は聞いたけど

  グリーフケアという言葉は聞かなかった

  グリーフは ケアと結び付けていない

        悲しみは小さくならない  とも言っていた

    遺族の悲しみの考えを
   そのままに 受け入れているのが 国際的な考え方のようです

     支援者たちが 遺族の悲しみをケアしようとしていないのが 楽だった

     無理せずに ありのままで 語れる雰囲気がある

  日本の自死遺族の支援者と自負している人たちは

       どこか 上から目線を感じる

       そうでない人もいるが 少数

   私は悲しみを学ばなくてもいい
  教えてもらわなくていい

     身体の芯まで悲しみに染まっていますから

        でも 元気です!cid_6C797095-AF56-4B7E-AA99-6E456D904C26.jpg



 

悲しみは病気ではありませんから、薬を呑まないように。

0805300057.jpg

ブログもfacebookも書いている時間もなく
   報告書の作成と申請書類の作成

日々の相談

 精神薬を飲んでいる人からの相談は 時間も必要
   何度も何十回も・・
繰り返しくりかえし・・
   説明し・・・
     説明し・・
それでも また話しが元に戻ってしまう

   いいかげん 説明するのもやめようと思う時もある

医師の紹介もやめようと思うこともある

 信じてくれないのです・・・なかなか

   現実に  飲んだ時よりも悪化しているのに・・・

   楽になりたいと思い 飲んで  苦しんでいる

   死にたいと思ってしまう

  だるくて 寝ていたい
          イラつく
    やる気が起きない

悲しみは病気ではありません

遺族の皆さん
  大切な人が亡くなって 悲しくて苦しい
  何も手に着かない

以前やれていたことがやれない
寝れない

普通ですから
 普通の症状ですから
   精神薬は飲まないでください

遺族になってから 精神薬を飲むようになった人
  飲む続けている人

   日にちが過ぎるほど…苦しんでいる

    パニック障害の症状がでてくる人もいる
完全なうつ病の反応が出ている人もいる

    自然に悲しみ  怒り 泣き叫び 狂ったようになっても
   
浮き沈みがあっても

        精神薬さえ飲まなければ

    時間がごまかし方を…逃げ方を 抱え方を教えてくれます

   精神薬を飲んでいる人に 私の声は届きません

  しつこく 何度も言い続け 説得し続け
      嫌われることを覚悟で言い続けています

 知らんふりしていた方が  楽でしょうけど

    悪化して苦しむことがわかっていて ほっとけない


 かなしい気持ちが和らぐクスリって あるわけがない

   生き返らない限り  気持ちが和らぐなんてことはない

   生き返らせてくれる薬があれば いいけどね

     脳のどこが かなしい気持ちをつかさどるのか・・なんてわかっていないのに
脳のどこをどうやって悲しみを和らげようとしているのでしょうか

    精神薬とは  薬によるロボトミー手術です

ボーッとさせる  興奮させる
 それだけの事です

脳がボーっとするということは
 他のこともできなくなるという事です

ピンポイントでかなしい気持ちやつらい事を
あまり考えないように
 ボーっとさせる

他のことは 頭脳明快にできる

そんな都合のいい薬があるわけがない

痛み止めは  ボーっとする

痛み止めをたくさん飲むと  ふらつく

    神経をマヒさせているんだから あたりまえ

悲しいからといって 精神科に行くのはやめましょう

行ったら最後 精神科の住人になってしまうのです

   かなしいだけで十分なのに
     クスリで苦しむなんて

 父親の葬儀でグッスリ眠れない日が続いた
    女性
心療内科で睡眠薬を処方してもらい飲んだ

  やめる機会を失い 飲み続けているうちに
     強い睡眠薬でないと寝れなくなった
ドンドン強い睡眠薬
 そのうち 抗不安薬も処方され
   睡眠薬の頓服まで処方され

  死にたくなってきた

 苦しく 死にたい

  寝ていないと思うようになった

3年間寝てないんです・・・というようになっていった
    
自分の思うような眠りではない・・というだjけなのに
    ずっと一睡もしていないと信じるようになっていった

他に悩みはない

子どもたちは結婚して すぐそばに住んで
 孫もいて
みんな仲良くて
 お金持ちで 夫もやさしい
子供たちもやさしい

   死にたい

完全に精神薬の副作用

医師を紹介し 減薬断薬

その年に久しぶりに幸せな正月でした・・という年賀を頂きました

クスリでは幸せになりませんから・・・

明日は「自死遺族等権利保護研究会」

!cid_2A9C14A0-59AC-4A59-9769-87B51EFE1C2A.jpg
シドニーに行ってきました。

自死遺族支援の国際会議に参加・・・講演もしてきましたIMG_0262.jpg


22日に発って23日・24日・25日と分科会や全体会にも参加して・・
海外の事情を学んできました。

 26日に帰ってきて~
27日厚労省の大綱見直しの検討会議

30日は震災族のフォーラム
(つむぎの会主催)
 31日は野田正彰先生の講演会
   1日は被災地を見て・・仙台空港に送って・・

県の補助金の報告が2つ・・・仙台市の報告書も・・・
    
  連絡会も・・・

  その間に たくさんの相談電話がくる

 完全にオーバーワーク

   家事が思うようにできない

   明日は 東京で 自死遺族等権利保護研究会

     午前中は 遺族と会う

    今、明日の夕ご飯のカレーを作っている

    夫と次男の夕ご飯

      最近  特に夕ご飯いないことが多く
    次男は不機嫌そのもの

    やらなければいけないことが山のようにある
  やりたいことも同じようにある

 でも できていない

     一人の力は限りがある
          
     基本はコツコツと  分かち合いを開催し
   相談を受けて
      自死遺族が元気に生きて行く活動

   丁寧にできていないことを痛感し、反省ばかりしている

       まだ寝れない

自死への差別問題は根深い

Spotted-bellflower_01.jpg

   「自殺総合対策大綱」の見直しが始まっている
全国自死遺族連絡会を入れないで委員は決まっていた・・が 抗議して参画できた

 今月27日も開催される

  賃貸物件内での自死の賠償金や改修工事費・お祓い料金の問題は
   根深い

  泣き寝入りして支払ってきた・・今も支払っている遺族が多くいる

     それでは  負の連鎖は続く
    どこかで誰かが  止めなければならない

   しかし それが 弁護士たちの美味しい収入源になってしまうこともある

     どこでどのようにしたら  食い止められるのか

        ・・・・・こんなことをいつも考えてきた・・今も考え続けている

      こんな時・・東京に住んでいたらと思う

          が 仙台に住んでいるんだから このままで何とかしなければと思う

自死への差別と偏見が
     民法・商法・健康保険法・宅建法・・・・等々  存在することが問題なのである

          国が「社会的に追い込まれた末の死である」と基本法に定め
   大綱にも示している・・・のに・・・もかかわらず

      差別と偏見の問題は何の対策もできていません

        ただ  この問題がようやく表舞台に出た!ということだけは事実です

   自死遺族支援者という人たちの  食い物にされるか・・・
        本当の意味での 改革につながるか

      頑張ります

    
野田先生の論談

日本社会は毎年3万人ほどの老若男女を死に追い込んできた
ところが故人を苦しめただけでなく
亡くなった後
遺族を更に追い詰める社会であることを 知っておられるだろうか

:::::::
 ::::

亡くなった人がなぜ死ななければならなかったのか
そして
遺族はどんな社会的、経済的負荷をかけられているのか・・・

 
亡くなった人の悲苦を想うよりも
   自死を穢れた死とする慣習が」どれだけ遺族を苦しめているのか・・・


わたしたちの社会は 亡くなった人に対してだけでなく
遺族に対しても あまりに理不尽である

せめて遺族への負荷を少しでも減らすことで

故人に「安らかに」と
 手を合わせられる社会に変わっていこうではないか


このような内容を書いてくださっています

明日からシドニー国際会議への参加

d45m_3346.jpg

明日からシドニーに行ってきます。

自死遺族支援の国際会議への参加です。

 発表してきます。

英語は全くできないので 二人の遺族が通訳
   遺族5人で行ってきます。

日本いのちの電話の斎藤先生の推薦です

     26日帰国し、東京に泊まって  27日は厚労省の大綱見直しの検討会議です

 提言書を作成し 送信済み

 また国際会議では パワーポイントを使います。

  日本の自死遺族は社会活動をしていないという論文を発表した
       自死遺族支援の研究者たちへの挑戦です