FC2ブログ

亡き人に手を合わせる暮らし

130420_イワナシの花[1]

息子を思う
 今も 愛している
 一人っ子ではないので 次男がいる
 45歳
 同居
長男が逝き、活動を始めた頃
 「子供を殺す親もいるよね、親が全員子供を愛しているわけじゃない」と
言われたことがある。
 その人は親を亡くした遺児

そんなことを言い出したら
不毛な討論になるだけ

親を殺す子供もいるよね  と・・・

親の離婚で
 引き取り手のない生まれて間もない私を
   養父母は
養子縁組をして 戸籍上実子と同じ立場にある子供として
   育ててくれた両親

全くの他人
 ここの家は おばあちゃんも子供を亡くし
    養母も子供を亡くしていた
 仏壇には 子供の位牌が並んでいた

お寺には地蔵堂も寄贈し、亡くなった子供の身代わり地蔵も
あり
 夏は浴衣 冬は二重の着物
   大きな農家で
   忙しい中 朝と晩は必ず全員でお祈りをしていた

外から帰ったら
まず 仏間に行き 先に亡くなった人たちに手を合わせ
 そこから 居間だった
結婚してからも
 子供ができてからも
 実家に行ったときは
行きも帰りもまずは 仏壇に・・・と
   子供たちも習慣となっていた
夫の実家に行っても親戚に行っても
 仏壇のあるお宅は 必ず仏壇に・・・というふうに
  生きてきた
息子が逝き
 仏壇が狭いマンションの部屋にある
亡くなってから
半年は 朝から晩まで 灯明を灯し線香を常に焚き
 お経を唱えていた

今 14年と8か月
  毎朝や何かを供える時だけろうそくを灯し線香を焚く
 お経も朝だけ

活動は多岐にわたるが
   グリーフケアという事への疑問を形にして発信する事
  自死への差別と偏見の問題の解決
  わかちあいの開催
自死の予防と防止
   遺族への元気で生きてほしいという願い
 
活動の批判は 受けようと思っている
 が
息子への私の思いを  批判されることは許せない
   というより
個人的な愛や悲しみに
 他者が口をはさむことは  非常識

だから  自死遺族はダメなんだよね・・・
  だから 自死がおきるんだよね  そんな考えだから
と 言われたくない

自殺対策基本法が制定され
  自殺総合対策大綱ができ
実行されてきて14年

当時の自死遺族の対する国も含めた支援者たちの考えは
   無知で貧困で低階層の人たち
  時には暴れたり 非常識な事をする人たち

だから 自死遺族支援の窓口の多くは
精神保健福祉センター
 障害班とかが多い

支援研修の内容も
 精神病院の閉鎖病棟の患者に対する対応と
同じ内容が多かった

 金の無心をされることもあるから
 そんなときの断り方

 言い争いになり 暴れた時の抑え方

 遺族同士の連絡は禁ずること

 などなど

そして
 地域の町内会長や
 民生委員。交番などが 自死遺族の見守りを行うために
   という
内容まであった

グリーフケアの考え方を応用し
  悲しみの消えない人は 半年・一年を期間として
    精神科につなぐこと・・・

遺族の集いを開催するには
 特別な研修を受けて訓練された人がファシリテーターをすること
など

今頃
 自死遺族になった途端に
 ご近所に知れ渡り
保健師がきたり 民生委員が訪問したり
   行われていたと思う

行政が決めたことは  最低でも3年は行う
  決定される前に
理由を述べて、反対し、反論し
 変えてきたつもりだが

  あまりにも  力が大きく
 どうにもできない事も多い
歯がゆく思う

 やさしい心の人たちが  笑顔で生きていける社会

   そんな日が来ることを願い
   信じて
息子への懺悔の活動をこれからも
 続けていこう…と思う

今夜は『みやぎの萩ネットワーク』の例会
明日は
 朝早くから東京 日帰り

misumi_3[1]


人は様々、それぞれ、ひどい人もいるが素晴らしい人もいる


26842_1[1]
我が家はマンション
  仏間がないので
60歳になったら 機織機を置こうと思っていた居間と続きの部屋に
  仏壇を置き
   活動に関する本や手紙
      資料がある  パソコン机も・・・
息子の写真は あっちこっちに飾り
   息子とともにいきている

事務所は県庁近くにあり、
  そこにもパソコンや本や資料がある
     その事務所で 藍色のこころサロン  遺族の茶話会をしている
  いろんな面談相談も・・・・
     無料でいろんな人たちに使ってもらっている
  息子が逝き15年目
   活動してから14年すぎた
ある遺族から  
労災申請が認められたと報告があった
   4年・・・
よかった・・・・・
初めて電話をもらった日を今でも覚えている
  静岡市内のお寺の玄関前
      ご挨拶に行く前だった
夕方・・・・
    亡き人は帰らないけど
        嫁さんもお子さんたちも  ご両親も
    愛する人のために 頑張った
        そう思う
 北海道でも
   闘っている人がいる
   東京の弁護士が担当
      厳しい闘いを 必死で両親やきょうだいがしている

  いじめや体罰で 亡くなった子のために
      調査委員会の設置を求め
         参考資料の提出や聞き取りなど
    懸命に 頑張っている人たちがいる

また  息子のために 労災申請をする準備をしているお父さんもいる

  どこにも ぶつける相手が見つからず
      やり場のない 悲しみを抱えてじっと している人もいる

  闘いたくても 家族の賛同が得られず
    できない人たちもいる
裁判して 勝った人もいれば  負けた人もいる
  負けても 
   亡き人は見ていてくれる
   自分のために
  頑張ってくれている姿を



遺族もそれぞれ 様々

   貧しい人もいれば   超金持ちもいる

知識のある人もいるが
  そうでもない人もいる

 昨日の研究会は
    心を許せる人たちばかり
      自死の問題に心を寄せてくれている
  本来は出会う事のない人たち
   息子からの縁
 大切にと思っている

またたくさんの遺族とのつながりも
 悲しいご縁だからこそ
 大切にと思っている

 すばらしいお人柄の人たちがいる
   心が清められる

   ひどい人たちも いるからこそ
心のあたたかい人たちとの
   縁はありがたい

 無報酬で
   いろんな相談に応じてくれる専門家もいる
その一人が
「自死遺族が直面している法律問題の解決を図る過程で
  自死遺族の置かれた状況や葛藤をするばかりでなく、
個人が抱えていた問題や、死に至るまでの生活歴などについても知ることになります。
個人や遺族の苦悩について知ることは
 一人の人間として、他者の苦悩に共感することでもあります。
そして、そうした知識、共感は、私たちが専門家として
 遺族が抱える法的問題を解決していくうえで、とても大切な事ではないでしょうか」
   と
分科会のアピール文の中に書いている

 心から
   遺族のために 少しでも
      解決しようと 考えてくれている人たちがいる

上智大学の岡先生もその一人
今年も講演してもらうことになっている

カンファレンスの参加申し込みも
   届いていて
 新型コロナ感染の拡大が心配されるが
   開催の準備は 進めている
心待ちにしてくれている人が
  たくさんいることに
   力をもらっている

ありがたいことです

   明日は みやぎの萩ネットワークの公開セミナー
th80ZJQP8N.jpg

     あ!
 また「非通知」の電話が携帯に・・・
   携帯も固定電話も
「非通知」は応じないことにしている

 
 

自死遺族等権利保護研究会

candy4.jpg

昨日は東京で「自死遺族等権利保護研究会」
 日帰り
司法書士2名・弁護士2名・マスコミ記者1名・遺族2名
  これまで使用していた会議室がなくなったので
    初めての会議室だったが
      コロナの影響もあるのか  静かだった
  行きつけの香港料理のお店も今週で閉める・・・という事だった
(別な場所で開店したら教えてもらうことにした)
新幹線も
   1割?の乗車率
 帰りは私の乗った車両は2人だけ

  部屋からでて 別なところで自死
    それなのに 部屋代の賠償金 家賃の2年分
      を請求されている遺族の相談を 話し合い
10年くらい前
 頻繁にこの内容に近い相談があった
   当時担当した弁護士に担当してもらう事にした

  部屋で亡くなっていないのに
  事故物件として扱われ
    賠償金の請求がくることへの 疑問


救急搬送され亡くなったのは病院でも
   部屋を事故物件として
賠償金の請求がくることもある

周囲の人や大家への慰謝料の請求もある

   部屋に対する瑕疵担保責任を問えないはずなのに
     まだまだ
         自死への偏見による 不動産賃貸借の問題は多くある


「心理的瑕疵」を認めるべきではない
    として活動をしてきた

「自死遺族が直面する法律問題」という手引きに
詳しく掲載されている

全国自死遺族連絡会のホームページから
ダウンロードできる
 また   
9月のカンファレンスの分科会の内容について
      議論
 いじめ自死の問題
不動産賃貸借問題
労働問題
 鉄道自死の問題
生命保険の問題
医療過誤の問題
メディア・インターネット
相続問題
など

土曜日は 大学に行って打ち合わせ
   その前に
 東京駅で行政職の人と記者と3人で
     話し合い
 朝早くの家をでる


aoihan.png








  息子の結婚式の写真


20120615164626.jpg

  

今日 自死遺族等権利保護研究会

りんどう

今日は東京に行く。
 自死遺族等権利保護研究会

いつものルノアールの会議室のあるビルが 建て替えのため閉館
  東京駅前の少し高めの会議室での開催

zoomでの会議が 多かったので、リアルに会議は久しぶり
   仲間の弁護士や司法書士、記者・遺族たちとの会合は
      厳しい難しい話題が多いけど
         ぬくもりを感じることができて
     活動への意欲がわく

61vTjNcPOZL__SX355_.jpg

私の活動を批判する遺族もいるが
  全員に好かれようとは思っていない

遺族も様々ですから

  しかし
 賛同・共感してくれる遺族も大勢いる

   もちろん
 協力してくれる遺族以外の  いろんな専門家や市民もいる

   土曜日は 大学側との打ち合わせに
   また東京に行く

 ここの大学の教授も  本当に心ある人
   10年の付き合い

上智大の岡教授も長いお付き合い

   遺族も「藍の会」2006年からの付き合いの人もいる
    変わらず
       ・・・・・・・・ずっと
  お坊さんや牧師さん
     神父さんも 長いお付き合いの人たちがいる

  行政の人たちも  移動してもお付き合いがある人もいる

  大局を見据えて 活動をしてくれ 支えてくれる人たち
    感謝しかない

冬の画像

 自死や自死遺族等への差別と偏見をなくするため
   支えてくれている
  様々な人たち

 71歳の 私は 残りの日々がどれぅらいあるかわからないが
   息子が迎えに来るその時まで

私の活動を 必要としてくれている
   人たちのためにも
また 私自身のためにも
    活動は続けていくつもり

  私がつぶれて
   活動ができなくなることを 望んでいる人たちがいるが

   息子への愛は  
  誰にも つぶされることはない

活動は息子への愛だから

9月11日・12日

thumb_2cad72e0f88ef5c599098ef583949bd9[1]
今年は
2日間をかけて カンファレンスを開催する
 神保町にある専修大学の新館での開催

新型コロナウイルス感染の拡大に伴う
 様々な対策を講じての開催となる

人数の制限・マスクの着用・消毒など
  飲み物への配慮も・・・

シドニーのカンファレンスに参加してから
   企画し 相談し
   準備してきた
 
遠くのいる遺族から 参加の申し込みが複数届いている
  ありがたいことです
 
自死という事で 
  息をひそめて生きている人が多いと思いますが
   私のように
     声をあげて 活動をする遺族もいる
遺族も様々

  人はそれぞれ

  パワハラを訴えたり
いじめの調査を求めたり
   労災申請をしたり
       与えられている権利は行使したほうがいい

  泣き寝入りすることはない

  知らずに 時効になることもある

    手続き等 専門家に相談することも必要

支援者もいろいろ
   心ある人たちもいる
 
 最近 講演を頼まれることが少なくなっていたのですが
   今年は 仙台市の民生委員の講師に招いてもらっている
      ありがたい事です

昨日、40代の人から電話相談を受けた
  一人で考えていると
   出口が見えなくなる
話すことで整理ができていく
 彼の幸せを願いながら 電話を終えた

  活動の一つ

人はつながり 離れていく
  離れて・・・またつながることもある

ずっとつながっている人もいる

   今年のカンファレンスは 行政も含めて
   いろんな団体が 参加協力してくれる

  人と人とのつながりがあっての 開催
 
精いっぱい 心を籠めて 準備し
  参加してくださる皆さんとお会いできますこと
     心よりお待ちしております。

人のやさしさを信じ
  思いやりに感謝して
hasunohana411[1]
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR