支援とは当事者は部外者

16640652_1332442330151535_6205080993107599392_n.jpg

  当事者の知らないところで
  当事者の支援が論じられ 決められ
     対策に税金が投入される

   一旦 国が決めたことを 覆すことはほぼできない

  当事者の声が反映されない 対策
それでも
 当事者以外の人たちは
  当事者が求め当事者に必要なものであると信じて疑わない

  それが当事者を苦しめるものだとしても
     国が決め 地方行政が従い
     公務員が担当者となって実施するものを 誰も疑わない

    当事者が 見当違いですといくら訴えても
       それでは当事者が苦しむだけです 何の支援にも 対策にもなりません
 と いくら大きな声で伝えても

      そんなことはありません
 専門家が決めた事 国が決めた事です と言われる


     当事者本人が 団体で訴えても 
全員ではないですよね・・と言われる

   全員ではないが  当事者3000人ですよ・・と言っても

      専門家を自称する支援者のいうことを信じる

    それが日本の社会

 自死遺族支援という名の対策がある

   内容は  保健師たちが主催で「悲しい話を聞く会」の開催
     
   その会で 労災申請の話をしても
   いじめという事で学校への情報開示の話をしても
     相続の事を話しても
   
相談には応じない

   そこはあくまでも「悲しい話」限定の時間

  支援者の会も同じ

   生と死を考える会や聖路加での会
     いのちの電話主催の遺族の会
       グリーフケアの会も同じ

    「悲しい話」限定

     遺族の悲しいお話をお聞きする時間なのです

    賃貸物件の賠償金や お祓い料

    相続税や登記の事

 労災の申請の手続き  いじめ自死の調査委員会の設置
  供養の事

  遺産相続放棄等

   様々な手続きの問題

    相談には応じない

   ただただ「かなしいはなし」を聞くだけ

   その結果
  彼らは遺族は「悲しみでいっぱいで 普通の生活ができない人」
    「精神疾患者」という レッテルを貼っている

 本人でなければどうすることもできない「悲しみ」をどうすることができると思っているのか聞きたい

    いくら聞いてもらっても 悲しみは消えない

     消える悲しみがあるなら教えてほしい

  悲しみって 消えるものなのか教えてほしい

   しかし

この悲しみのケアに 1億円が毎年投入

   自死遺族の自助グループ活動等支援に1億円

   自助グループには 補助金はほぼ出ない

      等・・「等」の団体に ほぼ1億円が出されている

 国の税金 厚労省の補助金

     ある団体に 自死遺族支援という名目で 3000万円が補助金で認められている

      そこの団体は  自死遺族支援限定では  傾聴・・・のみ
                   補助金のほとんどは 人材育成と広報につかわれている

     遺族当事者の団体の多くは 自前の資金

       遺族からの寄付金

    何のための補助金
        自助グループ活動支援って 大綱に掲載して
          等の活動支援がほとんどなら
自助グループ活動支援と掲載しなくていい

      まるで 自助グループが補助金をもらっているかのように見えるから
 ホントはもらっていないのに


   こんなふうに  言い訳のための文書掲載で 

  当事者に補助金をおろしているように見せて 

   実は支援者たちだけで 確保しているケースが多い

支援者のための支援

 支援者が豊かになるための補助金

    支援者の満足のための支援

 当事者は部外者

 それを

  支援というらしい


sdsc04774[1]



     

おもい  

20121017161907.jpg

 玄関に・・・

F1000114.jpg
飾りびな11[1]



20120812130455.jpg


国によって悲しみについての考えは違う

2013-05-11T09_08_23-8d276.jpg

自死遺族の事を論文にする人も多く
   研究する人も多くいる

大いに結構な事だと思うが
 ただし
それが 自死遺族のために役に立つことが重要である

  自死遺族への差別を助長したり
     自死遺族への偏見を増幅させる内容だったりした場合は
         抗議もするし 反対意見もいう

   
   自分が遺族で 遺族の事を一番に考えてきた

  遺族の悲しみは取り除けないが
  遺族の悲しみ以外の 問題は解決したい
   遺族が悲しみと向き合う時間をさえも奪う今の社会

   そして 悲しみに暮れていると
   病気だという支援者たち

    国が個人の問題ではないと決め
     国が基本法を作り大綱を作り 補助金や研究費対策費を投入し
      対策をたてている
がしかし
   行政の担当者ですら 支援者ですら
       自死は個人と家族の問題という意識が強い

 論文も研究も
     
遺族の悲しみはグリーフケアが基本的考えになっている

    そもそも グリーフケアはキリスト教的死生観や宗教観

    日本人のほとんどがキリスト教の信徒なのだろうか
  
グリーフケアを信じている人たちは キリスト教の信徒なのだろうか

   仏教の伝道師でもあるお坊さんでさえ
  グリーフケアを信じているのが奇妙な気がする

   アメリカ人の悲しみに関する考え方と日本人では違う

文化や風土が違う

    日本人は日本人の悲しみとの向き合い方がある
どこの国も
 そこの国民の悲しみ方がある

  アメリカ人の悲しみ方が 一番正しいなんて誰が決めたのだろうか

  保健師もお坊さんも
    民間の支援者も
        大学の教授も 医師も
   グリーフケア一色

 どうしてもっと深く日本人の悲しみについて考えないのだろうか
   
   自死遺族の研究するなら
    論文書くなら

   日本人の遺族の環境・生まれ育った地域を加味し
    祖父母・両親・本人・・・
       どのような中で生まれ育ち そして遺族になったのか
  また遺族になったあと
 どのような中で生きているのか・・・

    そんなことも考えながら 研究してほしい

 上っ面の
     しかも脚本ができている研究なんて
        
         それも
遺族に何の役にもたたない
 むしろ 遺族を追いつめる内容・・だとしたら
     
    ・・・新たな遺族からの相談を毎日受けていると

    社会へのいら立ちが 強くなっていくばかりです41Up5c-CaqL.jpg
   

自死の対策は見当違いが多い


自分で忙しくしているといわれる
   性分だから仕方がない
(家事もあるから・・・)

 自死の予防や防止は やれば結果は出る
   5分の3以下に減ったのは 債務の要因

他の要因は増えている
なぜ・・・見当違いの予防と防止対策が多いから・・その一言

いじめ自死がパーセントでは増えている 人数が横ばいということは
 児童生徒の人数んが減っているのだから 占める割合は増えている
なぜ~
 方向違いの対策がほとんどだから

  まずは 人を追い込まない対策が ほとんどない

    要因はそのまま~人をおいこみ~苦しませ~相談を受けるといい
~つなぐ先は精神医療~悪化させ~自死
 
 相談先を増やしても意味がない
     相談先の相談員が理解し整理し 的確な支援先に繋げないのだから

  教育の問題もそのまま
  介護の問題もそのまま
    精神医療の問題もそのまま
        過重労働・パワハラ・いじめ もそのまま
 福祉資源もお粗末

   シングルマザーが働く場所も少なく
賃金も安い
   働いても賃金がやすくて 結婚どころか 一人暮らしもままならない

 健康保険も入れない

   ようやく働くと サービス残業が普通

     農業も 農業だけでは生活ができない
     跡取りはいない

    根本の根本を解決できないなら

せめて
 相談先のスキルアップをしてほしい

     安易に 精神医療につなぐのはやめてもらいたい

 
  支援者たちにとって 自死は減っては困るのです
   適度に減り適度に増える
      問題を残しているほうが支援が必要な人が増えるからいいのです

   しかも あまり 具体的に解決するのは疲れるけど
 適当に話を聞き
  精神科につなげばいい
 また
 やることはやっているんだけど  相談者が来ないだけ
  という支援がほとんど

人材育成のオンパレード
 それもスキルアップはほとんどない

  12年間ずっとかかわってきた私は
   セミナーに行くと うんざり
また また同じ話しばかり

    12年間同じ内容で セミナーを開催している行政

 そのことを つっつくと  
  毎年 担当者がかわるので・・・

 毎年 初心者研修
     それが他の部署に行ってもいかされるならいいけど
 無駄の一言

  支援者が学び  支援者を配置し
     そこまででおしまい

    具体的問題解決をしていないのですから
     減るわけがない

     それが現実

  2万1千人に減ったというけど

    不審死と事故死が増え
 行方不明も増えている

    WHOのガイドラインを無視して

    不審死や事故死行方不明者の 何割かをカウントしていないのが日本
  10万人を超える自死があるのが日本

  それでも
    対策は見当違い

    なぜ・・・
それは自死に一番近い遺族の意見を聞こうとしないから
偉い人たちが偉そうに
   自死する人たちは特殊だという対策にとどまってから
   誰でもが・・・といいながら
       自分とは関係のない世界だとおもっているから

   遺族も遺族になりたてのころは
     違う世界の事だった
        まさか
・・・幸せだったのに
自分が     こんなことになるなんて
     誰よりも 幸せだった・・・自死遺族になるなんて

  思う人が多い

  世界で一番幸せだと思う人も
  ある日突然遺族になる
   それが今の日本

mig.jpg

頑張ります!

yukiwarisou.jpg

久しぶりにブログに


 「コメントは承認制になっていて、承認しないコメントは表示されません」

一時 コメントが炎上したことがあって、承認制にしています

明日は那珂市に行き、中学校で講演します
 仙台に帰ったらそのまま市役所の会議です
遅れるので 明日の朝 那珂市に行く前に市役所によって
  意見書の配布をお願いしてから新幹線に~~

  遺族からの相談を最優先なので
    資料の作成等が後手に回り・・・いつも夜中までかかってしまうのですが
  遺族に
遺族を身近に感じてもらえないようになったら
     自助グループ活動はアウトだと思うので
         当然のこと
30日は31日の講演の資料とレジュメの作成の一日にしようと
あたまにハチマキして望んでいたのですが
  遺族からの電話が4人~
遺族以外に2人~
メールが3人
      明日の講演が・・・と、少し焦っています
新幹線と特急の中で まとめます
   推薦をしてくださった方のお気持ちに応える為にも
       一つでも心に残していただける話を・・・
   頑張りたいと思っています

   児童生徒のSOS教育などと 現実を知らない人たちが考えた・・というか
    SOS教育の対策のほうが  対策の中心になる人には金がながれ   
       面倒な 具体的相談対策をしなくていいと ずる賢い人たちは計算している

本当に知らないでこの対策を推進しているなら
 幼すぎてあきれてしまう

  SOSは出している
 SOSを何度も出して
    無視され続け 絶望して死んでいる子供たちが多いのが現実

  自死の対策は 新たにいろんな仕組みを作らなくても
     今ある仕組みの活性化と
 多種多様な 民間団体との連携があれば
     半分以下に減らせる

   でもそれでは 自死のビジネスにはならない

  ビジネスとするのは
    支援者支援が簡単で 成果も問われない

まるでSOSを出せないから死んだ・・という目線

    助けて!という人を何度も無視して
  助けてと言えない人たちに助けてと言える教育・・・という対策

  せめて助けてという人たちは助けてください

   助けてと言わせて 無視・・・

   こんな対策で減るとは思わない

  楽しく学校に行っている子供を死ぬほど追い詰めた問題の解決をしましょうよ
    仕事も希望を持って一生懸命に会社のために働いていた人を
     死ぬほど追い込んだ問題を解決しましょうよ

    頑張って真面目に 生きていた人たちを追い込んだ問題を
   一つ一つひとりひとり 解決してください
      それが対策であり支援です

支援者の自己満足のために 苦しんでいるのではありません

   でも・・・苦しい人がいないと 支援者は困るのかな・・・

  なんだか
    悲しくなってきます

    さて もう少し やってから寝ます

会員になってくださった遺族の方へも資料をきちんと送るように頑張ります

    約束が守れずにいること ごめんなさい

 岡先生との約束も 野田先生との約束も
    市役所への提言書も
市長との面談も
 学校訪問も
   調査委員会も
講演会の主催も
     頑張ります!DSC1891-300x200.jpg