自死遺族に厳しいかな? 私も自死遺族だけど・・・隠さないで生きて欲しいと願う・・・

F1000145.jpg

我が家は息子の死を隠したことはない

   隠そうと思ったこともない

    それは  自死した・・・・ということよりも

     健一が死んだ・・・・・その事実だけで いっぱいで・・・

     自死でも交通事故でも突然死でも・・・とにかく

     死んだ!という事実だけ


    死に方はどうでもよかった

     死んだことだけで  全身がいっぱいだった


   息子を親不孝という人がいたが

        「あなたには言われたくない」

「孝行息子か親不孝息子かは私が決めること」

      と 反論した

  死んだ場所に行くと「引っ張られる」といった親戚には

      夫とともに「息子はひっぱりません・・・」と抗議した


    お付き合いは していない


  陰で言っているのかもしれないが   私たち家族の耳には入らない


    夫も誰にでも聞かれたら「自死」という
       次男も職場で聞かれたら自死という


       自死だから 何?!という気持ちがある


      我が家のマンションは 300世帯が住んでいるが

         隠していない  テレビや新聞で見ている人も多く

       見たよ!と声をかけてくれる

   陰で言ってるのかは 気にしない


      気にする必要もない


      彼らに迷惑をかけていないから


      自死したことで 世間に迷惑をかけた・・という人が多い


        が

      何も迷惑をかけていない
                死んだだけ・・・


      死は そんなに迷惑なことでしょうか

         誰でも  死ぬんです

  いつ、どのように死ぬのかは  誰にもわかりません

       玄関でて  突然心臓が止まるかもしれない

         道路で 突然 死ぬかもしれない


      それは 迷惑ではないのだろうか


       それが迷惑でないとしたら
               なぜ  自死だけが 世間に迷惑を掛けたことになるのか


     遺族がまず 迷惑をかけた・・・という 呪縛から解き放たれて欲しい


          世間という社会に追い込まれた末に亡くなったのが自死


      追い込んだ社会に なぜ迷惑をかけてしまった・・と 思うのか

     社会が 自死者に 謝罪をしなければならないのではないだろうか


     あなたを追い込んで ごめんなさい・・・と


       遺族が 普通に生きたら

          差別もできなくなる・・・偏見も なくなる


    世間の目を気にしない生き方をして欲しい


   そのためには  自分たちの事は自分たちでする

      専門家には頼るが  行政には頼らない・・・

     私の生き方は 基本的に「保健師には頼らない」

    保健センターは行かない・・・


     御世話にならないで生きることが 自分なりの社会貢献だと思っている


   自分で出来る事は自分でする

     自分で出来ない事は専門家にお願いをする・・・・・

   集まって 話をすることくらいは 大人だから自分たちでできる

       お茶も入れられる・・・

   場所の確保と広報が  手間がかかるくらい


      集まって 話をするくらい  自分でやろうよ


     保健師さんたちがいないと 集まって話し合いもできない・・・って

           偏見を自分達が作っているようなもの


    ボランテイアさんがいないと 話し合いもできないって

         子ども?


     話し合う場所を作るだけ・・・

     遺族だけで話し合うことが不安だというのは 

 自分たち遺族を信用していないこと


     ひとりで大変でも  みんなで手伝えば できるはず


     大人なんだから・・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント