病気を治せない医師・・・誰も治っていない・・待合室は患者で溢れている

F1000074.jpg

あまりにもひどい扱いを受けてきたから
            治らなくてもやさしく対応してくれる医師から
           
     治してくれるとわかっている医師に変れない・・・

      裏切る事はできない・・・という患者


    治らなくても 治してくれるという医師がいても

 医師を変えると   障害者年金や様々な支援を受けられなくなると思っている患者が多い


     その信じ込んでいる情報はどこから流されているのだろうか


   ・・・・・・・・


    それは 行政のようだ


    仕組みとして  精神障害者は セカンドオピニオンも認めない  というよりも

           担当者への手続きが大変そう


      基本的な行政の考えは

      どこの精神科医もみなさん  素晴らしい先生だ  という認識

     どんどん 悪化しても 治療をしているのですが
            障害者側の精神が悪化しているだけ・・という考え

      どんどん悪化していくものなのでしょうか

       精神病って

    いや  うつ病   は  そんなにどんどん悪化するものなのでしょうか

      治療しているのに・・・・


     治療して悪化していく病気

         進行性の難病でしょうか


       うつ病とは 10年 20年  なおらず 悪化の一途を辿る病気

        なのでしょうか

    精神科に行かない場合はどうなるのでしょう

   少なくとも
       悲しみは 精神薬を呑んでもなおらないし

       飲んでいる人で  元気になった遺族を見たことがありません


      今日も 相談を受けた・・・30錠飲んでいる女性

   仙台市で 行政には大人気の精神科医

             保健師さんたちのフアンが多い医師


     やさしい話し方   8時間待ち・・・
                  診察時間3分・・・

          うつの人が8時間待てません・・・配慮の無い医師

    その事に誰も気がつかない


      知的障害児にも 精神薬を処方している

     施設と連携して・・・


           誰も治らない病院

        患者で溢れている  




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント