国家を「お上」というひとたち

20130705113337.jpg

 悲しみは愛しさと共に・・・という意味を理解できない人たちがいる

   日本人は 「愛」というと

          男女の愛が浮かぶらしい

     高齢者でも・・・

   太古の人たちのほうが「愛」は男女間ではなく

        親子の愛・・・人間愛・・・自然への愛があったように思う


    日本人は教育が行き届いているといわれるが

          「オレオレ詐欺」は日本にしかないようだ


      簡単にだまされる・・・簡単に心も操作される

       権力に弱い

            国のことを「お上」という人も多い


      行政の職員のことも「お役人」

     医師のことも「お医者様」

               どうして 肩書きに弱いのだろうか

        肩書きが立派でも 人としてしてはいけないことをしている人もたくさんいる

    教授だって  研究者の論文を自分のものにして・・・自分の名前で
       勝手に発表して・・賞をうけている人もいる

      研究者が 訴えても   肩書きの立派な人の話が真実だとされる

       
      人の論文を自分のものにして・・・何をしたいのだろうか

    
       そして  研究者の主張が正しいとわかっても・・・

         世間も・・・あいまいなままで  終わりにしてしまう


        
    愛が男女間だけのものだという認識しかない人たちは

        自死の問題なんて 理解できるわけがない


             人間としても「愛」が わからない人に


       社会的な要因・・・なんて言葉が理解できるわけがない


        せめて  研修に来る人は  動員された人ではなく

     

         
          少人数でいい から 


         愛という言葉が理解できる人に来て欲しい 


 そこからの説明をしている時間は与えられていないから・・・

    
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント