忙しく ブログを書く余裕がなく・・・ようやく・・・今日少しだけ・・でもこれから会合

F1000080.jpg


積極性や自己主張が評価されるアメリカでは

 「悲しみ」「落ち込み」という感情は

   好ましくないものであり「うつ病」とされた

   日本では
そうした負の感情も生きて行くうえで避けることのできない

       時には必要なものだとさえ考えられていた

しかし それでは 日本でのうつ病の患者が増えない
      
      製薬会社は日本の市場を広げる為に


 「病的なうつ」と「自然な悲しみ」の 境界線の操作をした


    日本を抗うつ薬の「メガ・マーケット」に仕立て上げることに成功した


   
製薬会社がスポンサーとなって

        オピニオンリーダーとなる医師に情報発信させ

           マスコミを動かしている



「うつは心のかぜ」キャンペーンはSSRIのクスリを売る為

最近は「新型うつ」



   このようなことを 話しても  市民は素人が・・・という目で見ている


      事実を知らない・・・無知であることは  罪


 日本うつ病学会は グラクソ・スミスクライン社がかかわって設立

 大学病院では

     ADHDのクスリを作っている製薬会社の寄贈で

     小児精神医学の講座が開かれている


   SSRIが効果がある・・という メカニズムが解明されていない


   プラシーボ(偽薬)と比較した実験で

     効果の差がほとんどなかった・・というデーターがある





  日本薬剤師会会長が

必要のないクスリを見極めることが大切・・・といっている


    自死の対策のほとんどは うつ病の発見と早期治療につなぐこと


   しかも まんまと 製薬会社の策略にはまった情報をうのみにして・・・

     疑うことを知らない人たち

   悪気のない人たち

    日本人は だましやすい人種


      悪気がなく 製薬会社とその懐にある医師の情報を信じ

    異を称える人の意見に耳を傾けない


     
    
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント