精神薬の警告(赤文字で書かれている部分)

20130620161452.jpg

「パキシル」

 日本標準商品分類番号 「871179」

選択的セロトニン再取り込み阻害剤

パキシル錠5mg パキシル10mg パキシル20mg
 
パロキセチン塩酸塩水和物錠


警告(赤文字で書いてある)

「海外で実施した7~18歳の大うつ病性障害患者を対象とした

     プラセボ対照試験において有効性が確認できなかったとの報告

また、自殺に関するリスクが増加するとの報告もあるので、本剤を18歳未満の

     大うつ病性障害患者に投与する際には適応を慎重に検討すること。

(「効能・効果に関連する使用上の注意」、「慎重投与」、「重要な基本的注意」

    及び「小児等への投与」の項参照)


「プラセボ対照試験」


   薬ではないもの(小麦粉とか)を処方するグループ

    パキシルを処方したグループ


    にわけて  検証する


   その結果  パキシルの有効性が確認できなかったと報告


     と 警告している



また 自死のリスクが増加すると報告 と警告





禁忌や効能・効果に関連する使用上の注意

  などなど

  6ページに説明がされている
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント