自死は金になる・・・という若者たち

hukurou06.jpg

 自殺は金になる


   といって 一流企業をやめて NPO法人を立ち上げ 活動している人がいる

    
 若者で 大学をでて

   会社という組織で働いた経験はなく

  NPO法人を立ち上げて

   自死の予防や防止活動をして 生活している人もいる

   自死遺児ということを 看板に

NPO法人をたちあげ

     有料相談をして夫婦で金を稼いでいる人もいる


  自死という問題に取り組んでいますということで
   
     NPO法人を立ち上げて

    2・3箇所の理事として理事長として 金を稼いでいる人たちもいる


    自死は 一部の人たちには 金を稼げる問題のようだ


      仕事の性質上  自死ということにもかかわり

     お金を得る事は 職業としてある・・とおもう


    しかし

       NPO法人で・・・予防や防止

           で  生活費を得るって・・・


     NPO法人の事務員は給料をもらうのだろうが


  本来は 無報酬で必要経費だけで運営するのが NPOだと思うのだが・・

    理事長や理事が報酬をえるのは・・・?


      連携の相談先を作り・・・そこに相談者をつなぎ

    有料で相談にのる・・・人たちもいる

   
   ちなみに 全国自死遺族連絡会はNPOだけど 法人ではない


     補助金も企業からの寄付金もいっさい受けていない

    全国のみなさんからのご厚意の寄付金だけでの運営
   (運営側の講師料などは全額寄付金となる)

   死ぬほど苦しい人たちから  お金をもらって相談を受けるのは

     どうなのだろうか


   NPO法人とは そもそも  生活資金を得る仕事の場所でいいのだろうか

     少なくとも  理事長や理事は無報酬で・・とおもう


   どうやら  金儲けの上手い人たちは

    なんにでも金儲けの道具にしてしまうらしい   

     

  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント