FC2ブログ

自死遺族を傷つけてきた支援・・・・・・・・8年間の闘い

F1000108.jpg

息子が亡くなって半年で会を立ち上げてから

 今年で8年目

   この8年間 遺族支援をしている、考えている・・という

    支援担当者や支援担当部署 そして支援団体や支援者

      との 闘いであった

  今も続いている

   いつで 闘えば いいのだろうか

      支援してあげてるんだから 支援者と戦うほうが 心が曲がっているという人もいる


    支援者は支援の対象者が自立したら
        身を引いて

        本人たちに任せるのが  支援者という立場ではないだろうか


     支援してくれてありがとう

   でも  もう結構ですから

       私たちでやれますから   側面支援にまわってください

   直接の支援は あなたたちではなく

     それぞれの専門家に 専門的な支援をお願いしますから・・・

    といっているのに

       イヤイヤ  私たちの考えた支援を受けなさい

             というのは

     もはや  迷惑の域です


     なぜ 遺族が支援者の存在に心が傷つき

         苛立たなければならないのでしょう

     支援って

        誰の為のものでしょうか

 支援者の満足のために支援はあるのでしょうか

  
   お願いですから  もう やめてください


    8年間の闘いで 十分 力は付きました

      おかげさまで  裏も見せてもらいました


    役割を終えて欲しいと願っています


    川野さん 心理学の専門家ですよね

       誰のほうを見ているのですか


   遺族支援ならば  支援者側に顔を向けるのではなく

    遺族側の顔をみてください


     3月  自殺予防月間  

       月間にチラシを配ったり シンポジュウムを開催したり

  ポスターを貼ったら
         自死が減るんでしょうか

    お祭り騒ぎは

     苦しい人を 孤独にします

  遺族も疎外感を感じます

    
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR