選ぶのは遺族当事者ですから・・・

20120611205407.jpg

遺族が集まらない・・・と いう支援者

    遺族だって 選ぶ権利はあります


   集まらないのは  あなたの主催の会に行きたくないからです

  そして 

    遺族の会に参加したくない人もいます

   家族で・・・友人が・・・

      周囲が・・・親戚が・・・


    ひとりで・・・

         生きる作業をしている人もいます


     必ずしも 遺族の会に参加したい遺族だけではありません


    それも その人の自由 生き方

  お寺さんで・・・教会で・・・

      という人もいる

          「年間15万人の遺族が増えているのに

       10人20人は 少ないですよね」

   という支援者


おいおい「あなたの主催の会には1人・2人ですよね」ゼロ人が続くと聞きますが・・・


      それならば

     10人・20人 参加の会を 小ばかにしたような発言は慎むことです


     自死遺族も 震災の遺族も

    選ぶ権利は遺族にあるのです


      そして、

    悲しみは病気ではありませんから

       くすりでは治りません

   くすりで治るのは 病気です


  家族が死んで悲しい・・・
  
 その悲しみは

   愛しているから湧き起こる 悲しいという感情です



 感情は病気とはいいません


   喜怒哀楽は人間の人間としての人間らしい感情

    

   
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント