損得勘定の対策

20130430131331.jpg

3時半ころまで かかりそう


 資料の作成

    明日は午前中にお客さんがくるので 呑気に寝ていられない

   本日の睡眠時間 3時間半(7時起床予定)

   12日が父の7回忌だが いかれない

      連続講座がある

   親不孝な娘を父は笑って許してくれるはず

  「さちこはしょうがないな」
「お前がいいなら  いいよ・・」と


   そんなやさしい人だった

      育ててくれた両親は 心からやさしい人たちだった  誰にでも・・・

   血のつながりのある父もやさしい人

   私の気の強さは 誰似? 産みの母?


  自死防止の対策への要望は国と県と市町村は違う


     国は国にしか出来ない対策がある

  県は県として・・・市町村はきめ細かく

    お金をかけなくても  対策はできる

        対策のお金の大半は

  研究費とデーター調査・・・人材育成

     ポスターやチラシ   人件費


       学校がいじめの対策をし

   職場は 過重労働やパワハラ等の改善

     介護やガン治療の当事者重視の支援

    生活保護も受けられない人への支援


     精神科医療の改善


     などに 力を注いだら  住みやすく働くやすく 


     人にやさしい社会になる


    どうして  そこは手をつけないのだろうか


     当事者には救いだが

      支援者にはメリットがない・・のかもしれない

    権威ある人たちの 利益にならないことは

    しないのだろうか


     交通事故の対策がすすんだのは

      ガードレールも 信号も

   横断歩道も

     みんな 金が動くから・・・かな・・・

     そこに天下る 警察関係者もいるからかな

   いじめをなくしても  誰も儲からない・・・

     パワハラや労働問題に改善も  会社にメリットは無い


  介護の問題も改善したら  損をするのかな・・・事業者も国も・・・

   みんな 損得で動くのかもしれない


             
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

みんな当面の利益だけを考えている。木を見て森を見ないようなことをしているから、こんなにひどいことになっているのだと思います。弱い立場の人を尊重することは、最終的にはみんなの得になる。そこをどのように伝えてゆくかが大事かもしれません(T_T)でも、当事者であるやられた人が、それを言っていくしかないという現実は過酷ですね。