たてまえや綺麗ごと・・・パフォーマンスではない  実のある対策を・・・

20130523200953.jpg

今日は 仙台市の局長と会う

  29日の市長との懇談の前に 要望の内容を話し合う
     対策会議で 要望してきたこと


    繰り返し  何度も 何度も


 ほとんどの 団体は

     金集めに必死

   どんな金でも もらえるものなら・・・そんなふうに見えてしまう


  そんなに 金を集めて  何をするのだろう

       何かをやりたいから  金・・・ではなく

  とりあえず 集めて  使い道を決める・・そんな活動のようなきがしてならない


      いつか 道を踏み外す

   もう・・・ずれているから

      自助グループの活動は

    遺族の善意で  心ある人たちからの  厚意の尊いご寄付で・・・

        息子の目・・・亡き人たちのまなざし

      息子の顔  意見


   原点は いつも 息子

    道は外れない・・・

        それは  彼を愛しているから

     息子を裏切ることはない

       助けられなかった私が  また 彼の期待を裏切る事はしない

  国には国にしか出来ない  国だからこその対策がある

    県には県の役割がある

  市町村には市町村のやるべき事がある


    そして 民間団体 専門家 当事者本人  それぞれに 


      役割がある

   それぞれに  役割分担をして

   それを連携して  いくと  総合支援に  総合対策になる


   なのに

      頭のいい人たちが・・・なぜ

     みんな同じことをしているのだろうか


   ひとつのことしかしていない


      もったいない


    
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント