自死防止・遺族支援団体の活動 自死が増えるのがわかるような活動・・・

F1000057.jpg

「悲しみと共に生きる」  

    グリーフケア推進の団体が 「悲しみと共に生きる」という言葉を使っている


  岡知史先生が 

 こころを言葉にできないで苦しんでいた私たちのために
      悲しみを言葉として表現してくれた


      その言葉を 
            最初は批判していたかれら


     それなのに  今は あたかも 自分たちの言葉のように・・・

        
             「悲しみと共に生きる」という内容は

       いくら彼らが  自分たちの言葉として使っても

   岡知史先生が 海外の学会で論文発表している 
     日本の自死遺族の自助グループの悲しみの考え方

    必死で 辿り着いた 言葉

       ま~~~~広げてくれたら

           いいか

     どんなに 蔑まれ どんなに批判され

  闘いの連続のなかで岡先生から頂いた 
     (悲しみと共に・・・悲しみは愛しさと共に・・・悲しみは愛
                   悲しみもまたわたしのもの・・・)
     8年前  この言葉は どこにもなかった

       ずるがしこいやつらほど世間は認める

        自死が増える原因が垣間見える
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント