精神薬を飲んで 幸せになるなら   ジャンジャンのめばいい   そのうち製薬会社に殺されるかもしれないわたし

20120623084339.jpg

11日は遺族だけの「茶話会」

精神薬について


 私の息子は死んだ・・・だから 本当はどうでもいいのかの知れない


 今日も精神薬に疑問を持たない人が参加した


    その人のことを どうでもいいなら   何にもいわないほうがいいとおもう

嫌われたくないなら  何にも言わずに  飲んでどうなろうが  関係ないと

       思って 活動していたほうが 利口


今日もいわれた

 もしかしたら  製薬会社に 殺されるかもしれない


    って


   そんな影響力は私にはないから   大丈夫だと思う


    けど


  もう少し 影響力が大きくなったら

  私は  製薬会社に殺されるかもしれない


    それが 世間 それが 世の中

    いまでも 自死の対策を担っている  精神科の教授や 団体が

    権威を振りかざして  圧力をかけている

   私が  変だと

  でも

   私は 何の利害もない


   年金で暮らしているし

    どこからも  寄付金はうけていない  個人からだけ

    報酬もうけていない

   講演の謝金は会に寄付

生活の金は 夫の稼ぎがある


    わたしは 活動で  生活はしていない

  生活の資金を活動から調達すると

   たましいをうるかもしれない


   私は息子のまなざしが怖いだけ


    息子の意見が気になるだけ


   金のために信念は曲げない   

息子のためにも



夕日



日本人は 日本は先進国だとおもっていますよね

   全てにおいて

 それは 間違いです


   すくなくとも

 精神科医療においては   30年遅れているといわれています


 日本人が知らないだけです


 工業や 外科  手先の器用さでいったら  日本はすごいのかのしれない


  でも

      権威が好きな人種で数えたら

          先進国では  ダントツ一位

    中味ではなく 権威が全て


 そして  あわせる


 たとえ   違っていても  「そうですね」と

それが美徳の世界


 でも   心は自分のもの

 医師の、ものでもなく  自分のもの


   クスリを飲んで  元気になっているなら

   ジャンジャン  のめばいい


   やる気満々に なるなら   たくさん  精神薬呑めばいい


   私と同じように息子を亡くした母が

   今も精神薬を呑んでいる


    私は 飲んでいたけどやめた


   その人は8年の今も飲んでいる


   私は  悲しみはあるけど  元気

 幸せでは無いけど  元気
     その人は  今も精神薬で   浮き沈みが激しい
 
私からの連絡にも・・・でない

 メールの返事もよこさない



自分が発信したいときだけよこす


    一方的に

       でも  気付いていない

それも  その人    


   悲しいし  残念  


だけど 仕方がない


   
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

私は田中さんの主張に共感し、抑うつ薬を医師に黙って断薬しました
おかげさまで悲しいながらも元気な日々を過ごしています

精神科医療の問題点は断薬プログラムが示されていない事です
医師からの積極的な断絶指示がないことです
非常に問題ですね
ただでさえ家族を亡くして悲しい私たち、せめて自分の心は薬に支配されることなく、自分の気持ちそのままを大事にしたいと思います

これからも応援しています


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます