不登校や引きこもりは個人の精神的病ではない 向精神薬では解決しない

20121007153610.jpg


不登校や引きこもり・・・って 病気?

  違います

 
幼稚園のときから引きこもり・・・そんな子どもはほとんどいないはず

 人見知りはしても・・・お話は苦手でも・・

   小学校・・・不登校  中学校・・・不登校  高校・・不登校

       引きこもり 社会人・・・引きこもり


     いろんなケースがある・・・

  原因も何もなくて・・・元気にいっていた学校や 職場に 行かなくなった

      ということはありえない

 ただ なんとなく 行きたくない・・と言っても

        何か原因がある

  その原因が 取り除けるものなら取り除き

       自分に原因があるなら 訓練や考え方を変えて取り除く


    原因を解決しようとしないで

   精神薬の投与って・・・どんな意味があるのか聞きたい


      精神薬を呑んで・・・不登校が解決するのでしょうか

    引きこもりが解決するのでしょうか


        するわけがない!!!!!!!


本人の精神病のせいで引きこもりや不登校になっている・・と宣告しているようなもの

 本人を更に追い込んでいる

  問題はあなたにある・・・と本人の精神的問題に摩り替えているのが精神薬の処方という形


 10代で脳神経に作用する向精神薬や抗不安薬を呑んでいたら・・・
   脳神経が破壊される

  感情の起伏が激しくなったり・・・感情が出せなくなったり

    いつも・・・ボーっとして だるい 眠い  人と話したくない

       深く考えられない  歩くのもおっくう
 
   そのうちに  薬害性 統合失調症

      運動が出来ない  やる気が起きない 無力感  脱力感 けだるい


 記憶障害  

   最悪は自死

    たまたま  なにかの原因で引きこもっただけなのに


  せいしんしょうがいしゃになってしまう


   うつ病が増えたのではなく   精神科医にうつ病にされただけ

  引きこもりが うつ病や 不安障害 対人恐怖症 発達障害 双極性障害

      にされてしまう


 生まれつきではないとしたら

    精神的な問題は必ず原因がある

     原因を解決しなければ  永遠に解決しない


 さまざまな問題を 個人の精神病に摩り替えて

     精神的な病気が増えた・・・増えた・・・というのは 偽善です

  社会にあるさまざまな障害を取り除き・・・人が生き易い社会にすることが

     現代社会のはず


  個人の問題にしないで・・・個人の気持ちを尊重して

      解決してくれる専門家がいるのか?

   少数ではあるが  いる

   しかし・・本当に一握り 

 だから・・・当事者は正しい知識を得ることが大切

    




   
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント