自死遺族が語れない人たちだから・・支援をしてあげる・・・といいながら 語れる遺族がいると敵視するのはなぜ

F1000002.jpg

 「遺された人の苦痛を和らげる」という 項目が 大綱にあった

「自死遺族の自助グループ等活動の支援の充実」と 大綱見直しで、変わった

  どちらも  自死遺族を支援するというものだと思うが


   わたしたち全国自死遺族連絡会は 「自死遺族を苦しめる行政の対応を見直してください」

     と 要望してきた

 こんなことに困っています・・・こんな支援が必要です・・・宜しくお願いします


    と 要望しても

 行政の考える支援以外には 耳は傾けない

      行政が考えるように会の運営もしろ!!!!という


  組織・・・わかちあいの組織って・・・なに?

   ある団体が関西方面ではお手本のようだが

 自助グループという活動があることを認めようとしない行政マン


   遺族にも行政マンはいる

   我が家の夫も 国の役人だった でも遺族

 医師や学者にも遺族はいる

  柳田邦男も遺族  国会議員にも遺族はいる

 弁護士にも遺族はいる


     偉そうに遺族を下に見ている行政マン  にいいたい

    柳田邦男氏にも 同じ態度をとるんですか???

    それなら・・・あなた方をある意味で尊敬します

    そこまで・・・遺族を蔑めるなら 立派なものです

  肩書きで態度が変わる人たち・・・

      自分の知識に自信がないのでしょうね

   自分が学んでないのでしょうね

   

    なぜ・・・自分の県の遺族の声を聞こうとしないのでしょう


大きな声で「聞いてください」とお願いをしても聞こうともしない行政


  声をあげられない遺族をどのように支援するのでしょう

     自分たちの言うことを「ハイハイ・・・有り難い事です」と
      頭を下げて感謝する遺族だけを支援したいのでしょうか

  地元の遺族を蔑んで・・・楽しいですか?

     公務員ですよね

  なぜ 地元で頑張って活動をしようとしている遺族を潰そうとするんでしょう

わたしも仙台市の自死対策会議の委員長に 「よく潰れなかったね・・・」といわれた

   その委員長にひどいことをずいぶんされた

  勝手に藍の会のホームページを学会の講演で使われたり

      2・3分診察で何が悪い!!!カウンセラーを1人増やすのにどれ程金がかかると思っているのかね
  精神科医を増やすにもどれほど金がかかると思ってるんだね

  2・3分診察で仕方ないよ

      と

いわれたり   仙台市と連携して研究事業をしていたのに
   嘘をついたり
(仙台市とは関係ない・・と)

 訴訟女 のやっている会には補助はしない!!!とまでいわれた

  訴訟などしたことはない一度も

  排他的団体・・・訴訟女  きちがい・・・

    いかがわしい活動

 わたしのことを批判するためのブログまである


    すごい
何をしようとしているのだろうか

   語れないといわれている自死遺族のなかで

 語れる人がいることを 受け入れたくない のだろう


ずっと・・・語れないままで   


   支援担当者たちの思う様に あやつりたいのだろう

    操り人形のように・・・黙って あやつられていたら   満足なのでしょうねきっと


 わたしは  わたしの意志で生きる・・・歩く

 行動する  責任を持って



 

       

    
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

田中さん 最近私は 朝 六時前には起きれるようになりましたよ! 夕方からは少し体調崩しますが 鬱病も 本当に良くなってます 無理がどの程度なのか わからず パニックの方は相変わらずですが……今も 朝一人の時間に見ています。
私は 身内にさえ 子供と会えなくなった 辛さ 苦しさを わかろうとしてもらえず 母親には 「お前が手をかけたんだろ!」と言われ もう誰にも 悲しみを言えなくなりました なく私に いつまでも!って だから つむぎを見つけた時 一番はじめに挨拶ではなく 泣きました……

震災後 私はニュースで人が殺害されたり 自死 等の報道を見るたび 以前は考えなかった 亡くなられた方の気持ち 残された遺族の気持ち 知らず知らず考えるようになりました…… 辛かっただろうな…これからも まだまだ それが続くのだろうな… ニュースは一日で話題は終り 視聴者も 「可愛そうに」「ひどいことする人がいるもんだ」程度で終わるでしょう 震災前の私がそうでしたから 違うんだよ!これからも 遺族の方は もっともっと 絶望の中生きなきゃないんだよ! ニュースをみて 旦那にも言います ニュースの様に 一日で終わりる悲しさじゃないんだからねと 勿論 私を見て来て わかっているだろうけど 私には田中さんの 活動を助っ人するほどの力がないので 責めて斜め向いに座っている 旦那には 言います! 娘にも!
私も 私のペースで進みます 私を支えてくれた人達も 決して立ち直った人達出はないです でも やはり支えられたと私は 感じて思っています 私も決して しっかりとした足ではありませんが 支えたい方々がいます 私には私の支え方があります 連絡を取り合う とにかく会話する 耳を傾け合う 繋がり合う……これが今の私の出来る【支え】です