亡くなった人達の家族が、誰より死なせたくなかったのです・・地域で見守って自死を防ぐって・・・遺族を地域で責めていますよね

20130712094042.jpg

 国の対策を知って・・・見当違いだと感じて意見を言い続けて7年が過ぎた

    それ以前から対策の大筋が決まっていて・・・

        15年前・・・いや・・・20年前

   時代は変化しているのに・・・現状は変わってきたのに

 無視・・・しての対策

 時代錯誤もはなはだしい
       
      見守りましょう・・・・地域でって

   高齢者の一人暮らしの自死は少ない

      家族で暮らしている高齢者の自死が多い

なぜ?

    年金問題や、介護の問題・・・


見守っていないのか


 いや・・そうではない
  
家族が一番近い存在で・・・一緒に居る

 24時間一緒に居る家族よりも
        地域の人たちが見守れるのだろうか


 1ヶ月に一度 いく 美容院が…理容院が・・・民生委員が

    見守れると本気で思っているとしたら・・・遺族はまるで死んだ人に関心がなく
       死ぬほど苦しんでいるのに気がつかない・・・愛情も知識もない人のよう

他人のあなたたちよりも   家族が一番死なせたくないんです

    安易なゲートキーパー養成で・・・
遺族の自責の念をを深めるような対策をしないでください


   対策にかかわっている精神科医や教授たちは想像力が狭く浅い

      患者を治せない医師や教授が対策を担っているから・・・困る


  そんな人たちは 頑固

 頭が柔らかくない   柔軟性がない


  震災後 実態のないこころのケアが もてはやされ・・・自死が増えている

  自死が増えたのは震災のせい・・・だとかれらはいう

  イヤイヤ・・・自死者をださないために 心のケアをしているんですよね


 「わたしたちは一生懸命心のケアはしています」が、「死んだのは個人のせいなのでしょうか」

   結果がでないならば・・・支援の方法が間違っていたのかもしれない・・とおもうのが
ケアの専門家ではないでしょうか


  精神科に行って・・・クスリを飲めば・・・なにが改善されどのようになるのでしょうか

      ある人がこんな事を行っていた

「だれが正しい生活をきめたのか」
「朝6時か7時には起きて、歯をみがいて、顔をあらって、食事をして、12字にはお昼ご飯をたべて、5時には仕事を終えて、6時か7時には夕ご飯を食べて、9時には寝る」
酒は呑まず(一滴でものめばアルコール依存の予備軍らしい)
タバコのすわず(ニコチン依存症になるらしい)
花を愛でて、動物をかわいがり、散歩をして、いつもニコニコと挨拶をして
 一日35種類の食物を摂取し


 大切な人が死んでも・・・2ヶ月で回復

そんな人はいるのかな・・・


 自死の対策も・・・矛盾だらけ

   頭のいい人たちが対策をたてていると思うのだが・・・

   頭の悪いわたしでも疑問に思うことだらけ

      減るわけがない


多分  何を目的としているのかさえ  わかっていないと思う


 

  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

息子が死んでもうすぐ3かげつ

私の息子は5月24日の9時40分頃自分が店長をしていたカラオケ店の非常階段で首を吊って死にました、過労によつて精神障害になりました。5月6日に横浜でお嫁さんと私とお嫁さんのお母さんと4人でお好み焼きを食べた時は分かりませんでした、母の日だからとお母さんありがとうと書いたカステラを貰いました、長男も悲しみに潰されそうになりましたが今ては職場復帰出来ました。こんな悲しい事がないような世の中になって欲しいです