FC2ブログ

信じる心・・・教えを信じる・・・信じたら惑わない・・・心底からの信仰心があれば、迷わない

F1000007.jpg

教会に行っても、自分が神を信じていなければこころには響かない

 お寺に行っても、仏さまを信じていなければ心には届かない

   お釈迦様を信じていないのに・・・なんで戒名をつけて、
         仏壇に位牌をまつり、仏式の葬儀をするのだろうか


 信じてないならば・・・無宗教で火葬をして、位牌も要らないし仏壇も要らないと思う


  形だけの仏式・・・形だけのキリスト教式


   以前の法話のときに

   「仏教を信じる者は極楽浄土を信じることが出来る」「キリスト教を信じる者は天国を信じることが出来る」
「なぜなら仏教の教えのなかに極楽浄土があり、キリスト教の教えの中に天国があるからだ」と教えてもらった

お釈迦様の教えの中に、極楽というところがある・・・

   キリスト教では極楽とは言わないし・・・教えない・・・

キリスト教では極楽はない

   あるのは天国

どちらも信じない人は、極楽も天国も信じることは出来ない・・・はず

   自分が考えたところではなく・・・先祖が考えたものでもなく

 仏教、お釈迦様の教えの中に極楽があるのだから

  キリスト教の教えの中に天国があるのだから

 仏教には天国はない


    教会にいってもお寺に行っても・・・


 信じてなければ・・・気持ちには教えは届かない


無心に信じることが出来たら・・・いつか必ず同じところにいけると信じられる

     日々その日が近くなっていることも信じられる

   いつか会えると信じることが出来たら・・・あったときにたくさん笑顔で話したいから

        亡くなった人のために・・・何かをしようと頑張れる

 無心にお念仏を唱えたり・・・無心に座禅を組んだり

 無心に写経をしたり・・・自分のこころの修行ができる

    自分が息子を愛しているのを誰かにわかってもらいたいとは思わない

     
      わたしと息子がわかればいい


    わたしと息子の間にある愛は、誰にもわかるはずがない


   だから・・・悲しみも誰にもわかるはずがない

  わたしの悲しみは私のもの

    誰のものでもない自分のもの


   わたしの悲しみをわかって欲しいとは思わない

    私の悲しみはわからなくても

  子どもを亡くした気持ちは分かり合える


   自死という形の悲しみは・・・同じような自死の遺族で共有できる


明日は「慈恩寺」法話の会   
   

        


     



    
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは 私がお寺にいく理由 康生の事だけを考え 康生のためだけの時間が欲しいから…… 恥ずかしながら 私は 遺影や位牌 供養と言うものをまったく知りませんでした
まさか 我が子で言葉やお盆の準備 等を知りました。まだ わからない事もあります…
でも 祖父母や両親ならもしかしたら 素直に手を合わせ 供養と言う言葉を使えますが やはり3歳の息子に 手を心から合わせる事が出来ません 不自然で仕方ないのです… 諦めきれない思いが あるんだと思います わからないながらも 仏事を行いますが それは それしか分からないからです… 子供の頃から お墓参り 仏壇には手を合わせる そう 親から教えられたから…ご先祖様を大切に! 私は兄や姉より 毎年欠かさずお墓参りをしてきました それなのに何故?何故? うちの子供を… 震災後からもお墓参りは行きます 「なんで康ちゃんを守ってくれなかったのなんで!! でも 今はご先祖様と同じ場所にいますから どうか 私の代わりに 見守って下さい…」そう心で話します 私が 極楽浄土や素直に手を合わせられないのは 未熟ながら まだ 諦めきれない思いだからです……
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR