亡くなった人の気配を感じるのは自由・・・自分で感じ自分が信じているのはいいと思うが・・・

F1000009.jpg

 NHKのスペシャル番組は秋の彼岸の日に放送予定

 それにかかわっている人の一人は
「おばけと幽霊」怪談の本を出したり、怪談話を聞く会のイベントの主催をしている


気配を感じるとか・・・音がした・・・とか

    猫が生まれ変わり・・だとか・・・そんな話を 番組にするそうだ


遺族の何を伝えようとしているのかが・・・わからない

 ディレクターに質問したが・・明確な答えはなかった

 遺族が感じるのはいいとおもう

   遺族でない人が感じた・・・というと  おばけになる


 コンビ二で並んでいるとか

    交差点にいるとか・・・車に乗せた・・・とか

   梯子の下に立っていたとか


 突然に死んだから・・・腹が減っている・・・とか


  そんな話を・・・取り上げるマスコミは・・・何を伝えたいのか意味不明


自死も突然死も事故死も・・・とつぜんだから

    おばけになるんでしょうか


  死者への冒涜です


 気配を感じるのは自由です  否定はしない

 感じるのだと思います

  でも・・・それは個々のもの

個々が信じていたらいい

     感じない人に信じて欲しいと思うのは   傲慢 


自分が感じたら・・・感じたことを信じたらいい


   わたしが感じたことを感じて欲しい・・・は  無理


        
     
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こをにちは。 NHK の話 実は私が旦那の入院中 ずっと御世話【居候】になっていたお宅に取材にきました! 私も 何度か会ううちに 私が見た夢の話をしてほしいと頼まれました 一度はお断りしましたが 何度も足を運ぶ様子 そして御世話になっているお宅のすすめで 私も出ます。 私が聞いたのは阪神淡路の震災ではあまり聞かれなかった 現象が東日本の震災では沢山の症例が多く それを研究しだした先生がいるとか…… 私は クルーの方々に言いました!面白おかしく伝えるのだけは止めて欲しいですと…あの日帰りたい家 会いたい人がいたはず それをまっる家 家族がいたはず……と 康ちゃんは化け物ではない 会えなくなった我が子を大切な人を もし見ることが出来れば 抱きしめたい気持ちなんです…と 噂がたてば 我が子ではないか 幼すぎて行く場所がわからず 探し回っているのではないか……心配の思いはつきませんでしたが 家族みんなのいるときに おきた 事がありました! 私は康ちゃんの存在を知ってほしい思いではなく 康ちゃんが側に居るのなら 同じ子供達や大切な方々も 側にいるんだと 思えたら っと言う気持ちで答えました。私の体調のよいときだけ と言う事でしたので 本当に 手間をとらせたと思っています
そして なにより 田中さんのおっしゅるとおり 震災だけが 特別ではないですよね どんなお気持ちで 見るか私にはわかりませんが 康ちゃんの元気だった姿も写るかと…… もし良ければ 見てあげてくださいね