FC2ブログ

遺族に遺族に起こる症状の説明をする支援者・・・遺族よりも遺族のことが分かるのかな?

20130621171610.jpg

市立病院の救急に搬送されて亡くなった人の遺族(自死)へのパンフレットを作成中との連絡を受けた
「藍の会」も載せたい・・というお話

 内容は・・・支援者が考えるものだった

  支援者用のパンフレットの内容と当事者用の内容は 違うはず

そして・・遺族は病気ではない

  糖尿病とは・・こんな症状が・・・
     という説明書と同じではないはず


   遺族ではない人たちに遺族とは・・・こんな人たちですよ・・・と教えるためのパンフレット
  ならば・・・遺族に起こる症状の説明もいいと思う

(((これもどうかと思うけど・・・遺族という人たちはこんな症状があります・・・って学ぶ必要があるのだろうか)))


  なぜ遺族が遺族ではない人たちから・・・

    遺族になるとこんなこころや身体の変化があるんです・・・と

教えられなければならないのだろうか


   亡くなった人のことが頭から離れない

    何もする気になれない

   自責の念が強く起こる

 気分が落ち込む

  怒りが起こる

罪悪感・孤立感がおこる

   食欲がなくなる

 
  等々

  遺族がなぜ・・・自分の感情を他者に教えられなければならないのだろうか


   遺族である事は誰よりも遺族が自覚している

  そして・・・悲しいことも・・・苦しいことも

   遺族自身が実体験中である

    それなのに・・・なぜ・・・


  遺族はねこんな気持ちになるんですよ・・・と遺族でない人に教えてもらう必要があるのか


    誰に見てもらうパンフレットなのか・・・


       民間企業ではこんな間違いは企業の破滅につながる


        
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR