FC2ブログ

こころのケアという言葉に傷ついています

紅花
           20120618090749.jpg


昨日は岩沼・・・新たにつながった人もいて・・・

ランチ会?お茶会?なんていいながら・・・賑やかに・・・でもかなしく・・・いつもの雰囲気で・・・

今日は慈恩寺での集い・・・もしかしたら、岡山の人も参加するかも(用事できているとか)


息子が生きていたら今年の9月で41歳・・・
いつも、そんなことを思っています・・・

昨日夕方から、人と会い・・・支援の話になった。

その前に取材を受けて、
        
          
       「グリーフ」は「ラブ」とイコール  なのだ!!と強調

「ケア」できるようなものではない  と。

そもそも「こころ」をケアするって  何ですか? と。

話を聞くことが「ケア」だと思い込んでいる人たちに言いたい・・・


「ケア」されたかどうかは、その「こころの持ち主」が決めること。

「支援者がケアします」とか「ケアしています」とか「話を聞くことで少しでもケアが・・・」とか言うな!!

少し楽になりました・・・っていう言葉も、支援者を思いやっての「大人の返事」かもしれない・・・

その人の「こころ」はその人のもの。その人の「悲しみ」もその人のもの。

攻撃的な!?!?私と違い、息子は穏やかでした・・・いつも、ゆったりと・・・
そんな息子が、ずっと側にいて生きているもの・・・と疑ったことはなかった。
こんなに急いで私のそばから逝ってしまうなんて・・・

「母ちゃんジャンボハンバーグ」 
本当に嬉しそうに笑顔で静かに言って・・・我が家特性のフライパンいっぱいの大きなハンバーグを・・・ぺろり!!もっと・・・という顔をいつもしていた・・・

食べるのが大好きな・・手料理が大好きな・・・なんでもいいから手作りのもの・・・そんな息子・・・

今も、息子が大好きだったものを作れないでいるわたしがいます。

少しずつ作れるようには、なっている・・・かな
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR