FC2ブログ

ご縁に感謝の日々です・・・最近つながりの輪が広がっています・・・

20130409161815.jpg


日曜日に気仙沼に行って~~~その後

忙しくて~~~~~~ブログにむかう時間もなく・・・

今日は朝から塩釜に行き・・・夕方帰宅

 帰りに食べた「カキ小屋」の生牡蠣の炭火焼は美味しかった


 16日に野田聖子議員と会う・・・同じ日の午後に森大臣〔自死対策担当〕にも会う


人のつながりに感謝


 自死遺族等への差別的問題の法制化についての理解をいただけたら・・・とおもう

思いがけない人からの思いがけないご縁


     有り難い事です


自助グループとして考え方・・・

  公的な資金を受けて公的機関での開催をしている・・・していない・・にかかわらず


 公に広報して遺族を受け入れているとしたら・・・
代表は個人的感情は抜きであるべき

  そして・・おもう

  自分が人に許してもらう事は当然で・・・人は許されない・・・

という人もいるが

  どうなのだろうか


 自分の行動は全て正しいのだろうか

  迷惑をかけた事はないのだろうか

 私もたくさんの人に不義理をしたり、迷惑をかけたり、許してもらいながら、生きてきたし活動もしている

 だから・・・出来るだけ・・・人にも寛大でありたいと思う

 いろんな人たちに支えられて、活動も広がってきた

    7年前は無視した人たちも・・・いまは声を聞いてくれる

 有り難い事・・・です本当に・・・
 しかし
遺族の悲しみを病気という概念で・・・支援を考えている人たちのケアの内容には憤りを覚えることが多い

悲しみを「亡くなった人への愛」だと肯定する・・という考え方を持つことって・・・支援者には難しいことでしょうか

 悲しいという感情をずっと持ち続けて生きて行く事・・・が、なぜ病気とみなされるのかが理解できないのです


今日、息子が亡くなり、葬儀をして、遺品をもらいたいと・・お願いに行って以来7年5ヶ月ぶりに、官舎を見た
〔塩釜に行くのにどうしても通る道にある)

心が痛かった・・・他に人がいたので、グッと堪えたが・・・おなかの調子が悪くなるくらいに悲しみが襲ってきた・・・こんな症状になるわたしは病気?だろうか

  私は病気では無い

息子を今も愛している・・から・・・今も・・・悲しみがある・・・それだけのこと


 どうやってこの悲しみを取り除くことが出来るのだろうか

   悲しみが無くなるって事は・・私の息子への愛が無くなること・・・


  私の息子への愛を、なぜ取り除こうとするのだろう


我が子を愛する事はいけないことですか?



  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR