FC2ブログ

チラシの配布をストップしてもらい、見直しについての話し合いをすることになった・・・

20120616170121.jpg

心のケアセンターに電話

  5種類のチラシの全てが突っ込み満載だけど・・・このチラシは誰に見せるものなのか、どんな意味が込められているのか・・・と質問

 大切なもの、大切な人を喪った(うしなった)あなたへ
~喪失と悲嘆〔グリーフ)とは~

**このチラシは家族を亡くした遺族にも配布する**との返事

**このチラシは新潟県のチラシをそのまま採用したということだった**

 せめて家族との死別・・・・と


転勤や移動、転校、転居などの別れ

ペットとの死別と別れ

身体的喪失(大きなケガ、大病、後遺症)
家の崩壊や経済的な喪失
職業の喪失
住みなれた環境の喪失
目に見えないもの・・・安心・安全という感覚を喪った方


  という括りは別でしょう


悲嘆反応  

◆ショック
頭の中がまっ白になる、茫然とする、感覚が麻痺して現実のことでないような気がする
◆否認
事実を認めたくない、受け入れられない
◆怒り
喪失の原因に関わった人、ものへの怒り、やり場のない「何か」への怒り
◆抑うつ
激しい落ち込み、深い悲しみ
◆後悔・自責
「あの時ああすればよかった」「自分があんなことさえしなければ」と自分を責める


こんな項目を・・・遺族がなぜ遺族でもない人から教えてもらわなければならないのだろうか

  十分に身をもって体験していますから

 あなたの反応は・・・深い悲しみがあるでしょ・・・それはね、、大切な人を亡くしたからですよ・・
   怒りもあるでしょ・・それはね・・あなたが・・・と教えてもらう必要はありません


大切なものを失ったことも・・家族の死も・・・同じ悲嘆反応になるらしい

   人間が死ぬ事は・・・ものがなくなるのと同じ程度の問題のようだ


 在庫のチラシは(この掲載のチラシ)配布ストップになった

  再作成の内容について・・責任者と来週話し合いをすることになった


  家を失くしたことも悲しいでしょう・・でも・・・代替をするものはあります


元と同じような家ではなくても・・・一応住める場所は・・・見つかります

  家族は死んだら・・・代わるものはない・・・

  わたしにとって健一の代わりになるものは何一つない


     家も金もわたしの命も・・・全て失ってもいい



       健一が生き返るならば・・・


  何にも欲しくない     


  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あなたは震災遺族ではないのに、震災で子どもを失った気持ちが分かる、という立場で活動されているのですね?

私も自死遺族で子供を亡くした親です。
田中さん、コメント欄の投稿に対し、色々思い悩まれたり、かなりお辛そうな時も多いですよね。
しかし、此のサイトのコメント欄は、ブログの読者が“自由に感想や意見を投稿する為”に作られているものですよね?
田中さんが御自身のブログで御自由に情報発信をなさり、ひとりごとを呟かれ、意見感想を述べられるのと同じです。
田中さんのブログやコメント欄の皆さんの投稿で、私を含め多くの遺族が情報を頂いたり、生きる支え、或いは心のよりどころにしている筈です。しかし田中さんは御自身と価値観や考え方の違う投稿に対し、非常に御対応が厳しい気がします。以前他の方も同じ様な書き込みをされていましたが、投稿コメントの内容を制限したいのであれば、コメント欄を閉鎖されれば良いのではないでしょうか?
最近投稿されているコメントを読んでいても決して田中さんを批判している内容ではないと思います。むしろ皆さん、田中さんに対し精一杯気遣いをしつつ投稿されていると思います。
田中さんの御活動、本当に頭の下がる思いでブログも拝見しております。心身共に酷使なさっていらっしゃると思います。
集まっている遺族は、事情や立場が違

コメントが途中で切れて失礼しました。

前コメントの続きです。

事情や立場が違っても皆、心に悲しみを抱え生きている者同士、思いやりと広い心で…。このブログで田中さんから教えていただいた事です。
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR