FC2ブログ

震災で仕事がなく家がない不安や、家族が亡くなったことも・・・精神病ですか?

20130307183202.jpg


毎月60人前後の初診患者が来る・・・とのコメントをのべた被災地の精神科の医師

  家族を亡くした被災者に精神科の受診を勧める・・見守り隊・・・心のケアチーム


  精神薬を飲んだら・・悲しみが消えるのだろうか

精神薬を飲んだら・・・忘れられるのだろうか

  どうやって精神薬で悲しみが消えるのだろう


復興の歩みが実感できない中、住居や仕事など将来への不安や迷いが大きなストレスになっている・・・という精神科医
ここまでは・・なるほど・・・そうだ・・・とおもう

  それで・・・ストレスの原因は取り除かずに・・・精神薬で物事は解決していくのだろうか


  ストレスの原因を少しでも取り除くための支援が必要ではないのだろうか


     仕事がないことも、仮設に住んでいることも・・・家族を亡くしたことも


   精神科医が全て解決できると思っているのかな?

 

 精神薬って・・・そんなに効果があるの?



  存在が見えている病気も治せないのに・・・


  目に見えない心の治療薬って・・・怪しすぎる


   心のケア・・・という言葉が流行語のようになっているのは・・・効果がでなくても「支援」しました「ケア」しました・・だけでOKだからでしょうね

悪化しても・・・本人の責任だから

   目に見える支援は、責任は支援者にあるから


みなし仮設にも「心のケア」が2人でやってきて・・・

  眠れてますか?から質問が始まったようです


 「元気ですよ」・・・といったら・・・「なんで元気なんですか?」と質問され・・・子どもにまで
「お母さんいつもこんなに元気なの?」と質問

   元気なことが不思議な様子だったという


 被災者は元気でいてはダメなの?


    具体的な問題の悩みは、薬では解決しない


  心が落ち込まないような支援をしてください

    希望を与えてください


  仕事や家の問題を解決してください


そして・・・家族が亡くなった悲しみは病気ではありませんから・・・


     亡き人と共にどのように生きるか・・・


   悲しみと共にどのように生きるか・・・


 宗教者からの教えと・・・同じ思いの人とのつながり・・・

      悲しみは病気ではありませんから



 悲しみを抱えていますが・・・かわいそうなひとではありません

  憐れみは必要ありません



  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR