FC2ブログ

かなし(愛し、悲し、哀し) 愛情と悲しみのこころは根っこでつながっている

20120701095444.jpg


今も悲しみでいっぱい


かなし(愛し、悲し、哀し)

あるものに対する思いが強く、胸に迫るさまを表す
自然に対して深く心を打たれる美的感動の心を表し、
人間に対しては、肉親や男女間の愛情、死や別離に伴う悲哀の情などを表す。
「愛しい(=いとおしい)」から「悲し」という変遷えおたどるのではなく、
「愛情」と「悲しみ」の心は根っこのところでつながっている


全訳読解古語辞典(2000)三省堂319-320頁



  グリーフケアの悲しみについての考え方があります

その考え方と自助グループ遺族本人の会の考え方は違います


   悲しみは愛しさゆえのものだという肯定的なイメージが支援者にはない

 人生の邪魔者のよう・・・

    カウンセリング・・・ポジィティブ思考に導くことだとしたら

        悲しみの肯定こそが、心のケアのような気がする



その人の感情を否定的に捉える事は、ケアになっていない


そして前にも書いたけど

 キリスト教を信じる、宗教者の立場で、神様が助けてくれるのではなく、自分が行うグリーフケアが心を救う

        と
考えているのならば・・・もはや宗教者ではない


 神様の力を信じていないことになるから


坊さんたちもおなじ

   お釈迦様、阿弥陀さまを信じている仏教の宗教者が

お釈迦様や阿弥陀さまではなく

 自分が行うグリーフケアが遺族の心のケアになると信じているとしたら

  もはや、仏教を信じていないことになる

悲しみも苦しみも神様がお救いになられる・・・

  御仏がお救いになる・・・と、説くのが宗教者であるべきではないのだろうか


そして、精神科医がグリーフケアを行うと・・・必ず精神病に結び付けてしまう

 職業病だね
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR