FC2ブログ

精神科医療問題の相談に乗る専門団体があります・・・

20120824135349.jpg

昨日は、精神医療の相談が3人・・・

   以前に6時間半かけて相談に乗った人・・・勝手に自己判断して・・・予約もしてなかった〔電話でも相談に乗ったはずなのに)
   
  本人がどうなりたいのか・・が大切・・・

何度も何度も話し合うことが必要なのかもしれない
    が・・・

 活動も止めて・・・精神医療相談だけなら


ここで書き込みが飛んでいった・・と思っていたら・・アップされていて・・びっくり 


精神科医療の相談と、全国の自死遺族の総合支援を構築する活動とは同じ比率ではできない




  精神医療の問題を真剣に取り組むとしたら・・・

    遺族の問題を仙台だけに絞るしかない


宮城県内の自死遺族の会・・・も含めて

 山形や福島・・・これから青森も・・四国も・・・

 47都道府県に全て自助グループを・・と思うと・・・
   私が倒れてしまう    

1人に何時間も・毎日・・・朝早くから夜中まで・・・寝ている時間も関係なく・・・応対はできない

        (4月からは公開して相談日は決めることにする)

 私の本来の活動の合間に、精神科の医療の相談も受けてはきたけど・・・

   それだけに捉われて・・遺族の問題がおろそかになる事は・・本意ではない  


精神医療の問題の専門団体はある


    相談を受けていつも思う

・・・精神が心が元気になるのは自分自身・・・

       薬が治す・・医者が治す・・と思っていたら治らない

  薬任せ・・・他人任せ・・・では・・・その人の心は元気になれない


    集団カウンセリング・・・様々な精神疾患の患者が6.7人とかで順番に話しをする方法カウンセリングというのだろうか・・

         10割負担で45分7500円とか請求される集団カウンセリング 


       それならば・・・60分1万円でも・・・1対1のほうが・・カウンセリングといえるような気がする           

     お金を払うのならば、より効果的な治療や療法を受けたほうが自分のためだと思うのだが

           選んでください

     そして・・こころの病気を勉強しなくていいですから・・・
ポジティブになれる勉強を・・・・

精神的な病は・・・誰にでもあてはまるものが多いのですから


             

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR