FC2ブログ

今朝も息子の匂いが・・・して・・・

管区機動隊勤務時代健一29歳20120615080739.jpg


息子の写真は、結婚する前(嫁と付き合っていた頃)から、死ぬまでの5年半くらいのものは、ほとんど無い!

息子は11月16日の朝亡くなった・・・

11月11日、息子の連れ合いは、大喧嘩して(息子が3000円を貯金箱から取ったのが理由)
実家に帰っていた。
**小遣いは月に5,000円だったと、死んでから聞かされた**

嫁さんが、一緒に住んでくれていたら、息子は死ななかった・・・
私は嫁さんを信頼していた。
息子を愛してくれているものだと・・・

息子は一言も愚痴を言わなかった・・・
嫁さんのことも一言も・・・いつも仲がよさそうに見えていた・・・

結婚生活4年半で一度も大きな声をあげられたことはなかった・・・と嫁がいった・・・

普通に息子に接してくれていたら・・・と。思う。


仕事の事・・・夫婦のこと・・・嫁の母のこと・・・


もしかしたら・・・私たちに甘えてはいけない・・と思ったのかも・・・頼りにならない親だったのかも・・・と思う

今、電話があった・・・息子さんを亡くしたお母さん。

キツイ言葉になってしまった自分がいる・・・

亡くなった息子さん・・・生きている二人の我が子・・・

母親の自分を忘れている・・・よう・・・

自分のやる気が無いこと、寂しいこと、思うようにならない事、全て息子さんが死んだから…そうきこえる。


死んだ人のせいにしてはいけない・・・
死んだ人が一番悲しく、くるしく、辛い、
  人生とは思うようにならないことを亡くなった人が、
        いのち、という取り返しのできないことで、生きている私たちに示してくれている・・・

「生きているだけでいいじゃないか!!」といわれているような気がするから・・・

生きているもの同士、不平不満をいうのはやめようよ・・・家族は大切に思いましょうよ・・・

家族への不満は、天に向ってつばを吐くようなもの・・・

大切な家族を失った遺族だからこそ、遺族であるからこそ、生きていることへの感謝を思って生きて欲しい・・と

亡くなった人達の眼差しを意識して生きて行きたい・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR