FC2ブログ

本当に遺族のケアをしようと思っているのだろうか・・・あの人たち

20120819212044.jpg

グリーフケアの専門家といわれる人たちの文章には

子供の死「時期はずれの死」

「慢性的悲嘆」
「病的な悲嘆」
「遅延した悲嘆」
「誇張された悲嘆」

「複雑な悲嘆反応」


手に入れたいものが手に入らなかった体験「小さな死」小さな死を体験していくと「大きな死」に心の準備ができている

「大きな死」とは人間の死・・・
本当の死〔人間〕の前にいくつもの死(買いたい物が買えなかったこと』を・・・って・・・
物が手に入らないのと・・・愛する家族の死が同じレベルで並んでいるって・・

どういうことなのか理解不能

ググリーフケアから考えると
人間の死って・・その程度のものなんだ・・・

「あいまいな悲嘆」「おぞましい悲嘆」

どんな表現でもいいけど・・・遺族のことを本当にケアしたいと思っているのだろうかこの人たちは・・・

  
  精神科医は悲しみや苦しみを取り除く専門家ではない

 精神薬も同じ

悩みや苦しみの特効薬はない・・・

原因を取り除くことが一番

 全部を取り除けないのならば・・・・・どのようにしたら少しでも取り除けるのか

      絶対に取り除けないならば・・どのように気持ちを変えていくのか・・・

どんな方法があるのか・・・


  思うようにならないことばかり・・・が人生

 99パーセントの苦でも1パーセントの幸せがあれば・・・生きられるかもしれない

 1パーセントが、その瞬間は100%の幸せに感じるから・・・それが人間


 その1パーセントも感じられなくなった時・・人間は死を思うのだろうか


  ほんの少しの思いやりが…ホンの少しのやさしさが

   世の中を変える・・と思う


全ての人たちが持てたら・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR