FC2ブログ

自分たちの団体が関与している地域だけを自死対策の先駆的事業のモデルに仕立て上げる天才がいる・・・増えても減ってもモデル地域ってすごい     

20121029094316.jpg

仲良くしてもらっている河北新報の人に「持論時論」に書いて欲しいといわれて、作成・・・

以前にも何回か書かせてもらっているが今回は3万人を15年ぶりの下回ったことへの意見である

 警察庁の調べ・・・(厚労省の人口動態の集計はこれからである)
警察庁はどこに住んでいる人か・・ではなく、亡くなった地域で統計を取る・・・
(各警察署管轄単位でのデーター)

宮城県に他県から来て自死したら、宮城県の自死者として数えるのである

 警察庁と厚労省の自死者の全体の数が大幅に違うことがほとんどであり・・・何をどのように調べたらこんなに違うの?と思うくらい違う

都道府県別では違うことは認めるが全体数が、それも2~4千人の単位で違う

   不思議でさえある


 マスコミも勘違いの報道が多い

 記事にするなら、勉強して欲しい自死のことを・・・

いつも1人の人のコメント

彼って自死問題の専門家ではない

       評論家???が活動


 具体的な活動はリンク・・・団体と団体のリンク・・・ハローワークのような活動

 そもそも自死対策の専門家って何?

 何一つ社会は変わっていない・・むしろ住みにくくなっている
子育ても、大学を出ても、働いても、退職しても、老後も・・・

  改善されたものがあるのだろうか・・・ここ数年で・・

賃金が下がり、結婚しても二人で働かないと家賃も払えない・・・子供ができても預ける保育園が無い

子供は産めない

  大学を出ても一人で暮らせる賃金をくれる仕事がない
車を買うなんてとんでもない
 食べていくのがやっと

過重労働でサービス残業が当たり前・・・

退職金も減額(長年給料から天引きされて積み立ててきたのに)

      退職後の年金も減額・・・お小遣い程度で・・病気になったら払えないような金額

寝たきりになったら、年金では病院も施設も払えない

   学校も、猫の目教育方針 農業も猫の目農業行政

青森の実家のある津軽では、10ヘクタール 約3300坪の農地でも農業だけでは生活が厳しい

 800万900万という農機具が普通・・繊細ですぐに壊れる・・・農機具なのに・・・

  学校のいじめもなくならない・・・
 隠ぺい工作も普通に行われている・・・

病気になっても3ヶ月で追い出される・・・点滴を外したら・・即退院・通院である

  自宅での介護・自宅での点滴・自宅での呼吸機器管理・・
  寝たきりでも自宅・・・・

  介護補助は夜は無い・・・金持ちは夜でも頼める

 何か、住みやすい社会になったのだろうか・・・

   15年も連続で3万人・・いや実質は毎年5万人と言われている自死者・・・
たかだか1年しかも2千人と少し減っただけ・・・


何を寝ぼけたことを語っているのだろうか・・・増えたら活動している人たちの責任・・・減ったら自分の活動の成果って・・・

 ヒーローのように取り上げる人たちもどうかと思う
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

田中さんも自死予防に取り組んでいると以前書いてありましたが、効果はあったんですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR