FC2ブログ

自助グループ本人の会の「わかちあい」とは・・・

20120709215310.jpg

わかちあうことの意味

自助グループとはなんなのか・・なぜ当事者本人の会にこだわっているのか・・・

本人の会「自助グループ」だけができる「わかちあい」とは・・・

なぜ「わかちあいの会」にクールダウンの時間を設定しているのか・・・

遺族のわかちあいとはどのような遺族を基本的対象としているのか・・・

「分かち合いの会」とは・・・何を目的としているのか・・・

 遺族だけの「わかち合いの会」があるのに遺族だけでの「茶話会」がなぜあるのか・・・

遺族のランチ会や忘年会…お茶会…法話の会は・・なぜ別に設けているのか


公的機関・公開での広報・公的資金 での会の開催の意味するものは・・・



     わかちあい・・・を 詳しく説明してこなかったのはわたし


漠然と会の開催をしているのではない

  それぞれに目的があり意味があって…別々の開催としている

「藍色のこころサロン」も同じ
(誰が参加してもいい)




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

続けるしかない・・・

当事者本人同士が「分かち合う」のは、本人が体験し感じた話。
私もそうだよ・・・。


立場別にグループ分けする事も時には必要だったり、
立場を超えた共通の思いを分かち合う時も必要だったり・・・。


グループ分けや、会の趣旨を替えたりするのも、
当事者の経験が活きてるんですよね。


支援者には「傾聴」を心がけて「共感的に理解しよう」と努力して欲しいだけ。
そんな事があったんですね・・・そんなふうに感じておられるんですね・・・。
評価や解説や解釈は必要ない。


「わかちあう」ことと「きいてもらう」ことは違う。
両方の方法を対等に、同じ価値に見てくれるだけで、エエのに・・・。


言い続ける、訴え続けるしか・・・ないのかも知れない・・・。
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR