FC2ブログ

こころはそれぞれのもの・・・悲しみもまたそれぞれのもの・・・専門家はそれぞれ

20121005113302.jpg

子供を亡くしたことがない人には子供を亡くした気持ちはわからない

あたりまえのこと

私も幸せなときは、友人が5歳の子供を亡くしても・・・「大変そう・・・」で終わりだった
 両親は子供を二人亡くして私を養女にした

 母は50回忌でも泣いていた・・・

その時「なんで50年過ぎて泣くんだろう・・」と思った


  息子を亡くして、母が50年過ぎても泣いていた意味が理解できた


 精神科医は「こころの専門家」ではない

臨床心理士は「こころの専門家」ではない

そもそも「こころ」はそれぞれの人間の中にある

私の「心の専門家」は私

あなたの「心の専門家」はあなた


 それを、全ての人間の心がわかるような肩書きが間違っている

 カウンセラーも「心の専門家」ではない

その人の話をどのくらい丁寧に聞かせてもらえるか・・・

     その積み重ねが少しだけ、人さまのお話を聞く事で、近くなれる事はあるかもしれないけど
        その人の心は見えない

想像だけ・・・

  敏感に感じ取る・・と言っても・・・感じがわかる・・・だけで、実際ではない

 肉体の痛みが本人以外にわからないのと一緒


  ましてや・・心の痛みなんてわかるはずがない、本人以外に


親を亡くした悲しみも6人経験した
  親族の死も、友人も、知人も、たくさん経験した

   流産もした事がある

 しかし・・・私には健一の死が・・・この世の地獄の悲しみ


それぞれがそれぞれに世界で一番悲しいのだと思う

それは、愛の違い

愛が深いかどうか

  どのくらいの愛があるか


愛と悲しみはイコール(死という別れにおいて)


 **********20121104142357.jpg


やっと島根県の研修の資料ができた!
仙台市への要望書も!!
これから宮城県への要望書作成~~~~



          3月は宮城県社会福祉士会~~~~~~その前に愛知県に!!

6年間要望を続けて・・・国の方が少し取り入れてくれた

    仙台市は?宮城県は?
民間団体同士の連携しかない・・・とおもう

  行政は変わらない・・・行政も同じ人間なのに・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR