FC2ブログ

今年はフットワークを軽く・・・活動をしたい 生きて欲しいから

20120909143046.jpg

17日午前中に親しい市会議員と会って、仙台市への要望書を確認してもらい
   午後の新幹線で島根県に向かう
18日松江市での研修会「遺児を支える親族への支援について」講師でいく
(プレゼンのパワーポイント作りと配布資料作成がようやく完成)

 19日仙台に午後着予定・・・「過労死家族の会仙台」発足準備会に参加予定
20日は大河原町での自死遺族の会と岩沼市の「灯里の会」
午前中に以前に取材してくれた記者と会うことに・・・

22日は政権交代後初めて、自死対策担当の内閣府参事官と会う・・

  できたら3月のシンポジュウムのためにも国会議員とも会いたい・・・アポを取る予定

   私の主張は一貫して変わらないと思う

自死対策は特別な窓口を作ったりする必要はなく、今ある行政等の窓口の有効活用と専門家の意識

専門かも含めて相談を受ける側が「総合支援」のための「ソーシャルワーカー」になることである

  そして、相談窓口の周知の徹底(相談をしてもらうための敷居をどれくらい低くできるか)
     
  仕事の環境を変える事は難しい、時間もかかる
学校も体質を変える事は時間がかかるし、むずかしい
精神科の医療を変えることも、非常に難しいし時間も長くかかる

  しかし・・・困ったとき、苦しいとき、悩んだとき、気楽に相談できる窓口がたくさんあると、少しは
    緩和されるかもしれない

弱音を吐いてもいい社会
  グチを言ってもいい社会

      特に最後の砦である精神科の改善は無理でも・・・患者が賢く選択することはできる

そんなことも相談できる場所が欲しい

  地元のマスコミには楽しいイベントだけを取り上げるのではなく、
         苦しんでいる人たちが集える場所や研修会なども取り上げて欲しい

  目の前の相談者が「うつ」かどうかを判断する研修ではなく、
「つなぎ役」の研修をして欲しい

「つなげる場所」は冊子にまとめることができる


宮城県内の相談窓口と人材の紹介の冊子を作成しようと思う

(私の感性と独断で・・・)

生きていてください

  生きて!!!

 何とかしましょうよ・・・苦しみを・・・

      死んで解決にはならないんです・・・・・

 今日も祈っています・・・生きて・・・と

  



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR