FC2ブログ

震災後に多くなったアドバイス(子供を亡くした親の会の方々から) 私の活動の本筋は自死

20121223122726.jpg

田中幸子という「わたし」もうすぐ64さい

たくさんの面を持っています。

 その人にしかその人の心はわからない

きれいな面も、汚い面も、悪の部分も、善の部分も、悲しみも苦しみも、
表ではニコニコ笑っても、心では別のことを考えていたことも・・・自分はわかっている


 この人にはここまでなら言ってもいいかな・・・という感覚はリアルに会っての付き合いの中で研ぎ澄まされる・・・

声だけではわからないことが、顔の表情や、仕草でわかることもある
(「いいよ」が無理している「いいよ」だってことなど)

「田中さんご自身の心が傷だらけのままの状態ですからそういう言葉がでてくるのでしょうが・・・」

   私の何を知っているのでしょう


   

 震災で子供を亡くされた人たち・・・
 他の家族も複数亡くされている人たち・・・

家も仕事も家族もなくなり・・・住宅ローンだけ残ったひともいます

まだ見つかっていない人たち

  自死もさまざま

   行方不明とされている人たちの家族
遺書があっても7年間は死亡とされない

船から・・飛び降り・崖から・・遺体が発見されない・・7年はそのまま

  遺体の損傷もさまざま


 いじめ、パワハラ、犯罪に巻き込まれての自死  過労自死  指導自死

借金の保証人・・・借主が行方不明・・・返済は保証人に・・・


 まだまだ様々です

 いじめた人を恨むことだってあります・・・悔し涙も流すこともあります


それを否定はしないことにしています


法律を犯して、怒りをぶっつければ、犯罪になります・・

法律を犯さずに、怒りや恨みを少しでも減らす方法・・・を求められれば教えることもあります

  裁判をしている人もいます・・・それもひとつの方法


 怒りや憤りの涙も意味があり・・・それをどのように考え、向き合い生きて行くかはその人自身

  自分はこう思って生きてきた・・という自分自身の体験を話すことがわかちあいですが

  その人の生き方、考え方を、聞いた人がどうするかは、聞いた人が決めること・・それが自助グループの
「わかちあい」

 震災後に、なぜか、複数の子供を亡くされて親の会を立ち上げている人たちから
 アドバイスを受けることが多くなって不思議です


  素直でない性格なので・・・

     

震災後に子供を亡くした親の会を立ち上げた地域は、地元の遺族に代表を担ってもらっています

最初から、少しずつ私は退き、最後は運営は自分たちでしてもらいたい・・・とお話しをしています
その中で、子供だけではなく、震災で家族を亡くした会の立ち上げも自分たちで行い広がっています
すごいことです


仙台の「つむぎの会」は6年前から継続していた集いですので、今後も代表を続けることになりそうですが。


 怒ったり、憤ったり、迷ったり、失敗したり、悲しんだり、落ち込んだり・・・そんな駄目人間の私・・・息子に許されて生きています
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

田中さんの以前のブログで何処だったか忘れたけど
夜中に電話、その人は一方的に泣き、何だか結構長い時間受けていた
そうかかれていました。
昼間だけでなく夜中まで、体力は本当に必要。
大変だ。。。。。。。
その他、他の会の人たちからも、ご~丁寧なご~挨拶
(余計なお世話。。。。。?私だとそう思うけど)
それぞれが、それぞれで良いと思うやり方で、教本なんて、遺族会についてないよね。そう思う。それぞれのやり方が、味が出て良い、そんな気がする。
随分ご親切な、他の遺族会の人、結構暇なのかな?
こう思うことが、又私の余計なお世話だな、なんて思う

皆誰でも年をとるから、年取れば、あんまり怒ると血圧も上昇する人も居る。
私は低血圧だから、怒って何ぼ?血圧も正常値に近づく。まぁ、ほんとに人それぞれ
田中さんの血圧はどうだかわからないけど、もし高めだったらそれ以上あがらないように、低めだったら、正常値にしてくれた余計なお世話さん
位に思わないと、大変だ。。。。。。。

いじめを受ければいじめられたほうにも問題があるんだ
そんなことを言う都内の〇の会のbだかVだかいう遺族もいたり、自分の子は自死ではないからと、それで言っているんだろうけど、それを聞いたときには腹が立って、この男どうしてくれよう。な~んて私は一時思った。今日戸塚よっとスクールの戸塚宏が5チャンネルで「弱いことは悪いこと」なんて発言。ナンだと!!とついむかむかした。

ホンといろんな人がいる。田中さん、体が一番大事ですから。。
大事にしてください。

田中さん御免なさい。

私その人が書いた所をよく見たら、その人の前に自分も書いていました。
本当に大きなお世話をしていて、御免なさい。
いろんな人がいるなんて書いたけど、それは自分も含めての意味なのです。
息子が居たら
「ボケッ!」 ッテ言われそう。。。。。
息子はしっかりしていたから、小中高と担任の先生から
「頼りになります。落ち着いています。一番。しっかりしていますよ」
そんなことを言ってもらっても私にはまだまだ子供に思え
「大丈夫か?」といつもそればかりだった
でも今前の田中さんのブログを読んで
何やってんだろう~~~!!!って、あの子に話したら
「もうやめとけ」って言われる。

田中さん本当に御免なさい。
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR