FC2ブログ

悲しいという精神疾患・・・ 子供を亡くした親の多くはは精神疾患者・・・ですよね『心の専門家のみなさん」

20121128115320.jpg

著名な人・・・

 グリーフケア崇拝者・・・日本の権威者


遺族の心・・・死別の悲嘆からの回復・・・回復の支援・・・ケア・・・グリーフカウンセラーとしての考え方



       「ん?なんだかしっくりしない」 と 息子を亡くして・・・感じた


時を同じくして・・・国の自死遺族支援・・・遺族のケア・・・の対策内容や研修・・・

 藁にもすがる思いで、必死で学んだ・・・

支援者にも会った


  しかし いつも ん?ん?
              腑に落ちない


 ストンと心に落ちない

    むしろ怒りが湧いてきた

「こんなふうになるわけないだろう!!ふざけんな!!」と


 自分の子どもを自死で亡くして・・様々な事情があり・・・殺して死にたい!!とおもうこの気持ちを
こんな薄っぺらい内容で・・・1ヶ月2時間のセッションで・・・
    バカにしている!!とおもった

家族の死・・・そのことがもたらす様々な人間模様~~~

       私は死に纏わる本・魂の本・占いの本・宗教の本・カウンセリングの様々な本・あの世とこの世のことが書いている怪しげな本・・・そしてグリーフケアの本・・・遺族の声を支援者が書いた本・当事者の手記・・・海外の人が書いた本や日本人が書いた本・・・

カウンセリングも受けた・・・民間、国の機関・・・電話も面談も・・・・

宗教者にも相談をし弁護士・・精神科医も・・・

  その中で・・唯一・・・ホッとした時間・・・それは「同じような経験をした遺族との語り合い」
それも・・・遺族だけでの空間に身を置いている時間が・・・こころが安らいだのです

 支援者のいる空間では支援者に気を使っている自分がいました・・・
遺族とも、親しくしてはいけない雰囲気・・・
   支援者が望んでいる自分を演じようとする自分

期待に応えようとしている自分

言葉も選び・・・緊張している自分

 事後アンケートも・・・気を使い・・・「とてもよかったです心が落ち着きました」・・・なんて書いている自分

息子が亡くなっての悲しみに・・正直でありたい・・・と思います

 したり顔で、青森弁で言うと「おべだふり」・・・〔わかったふうな態度)すんな!!です

  その人の悲しみはその人が専門家

    グリーフケアで一番憤りが強く感じるのは

悲嘆から回復しない遺族は「病的悲嘆」と断言していること
そして病的悲嘆の遺族は「悲しいという精神疾患者」精神科に行って精神薬を飲みなさい という考え方

回復って・・・どんなふうになることなのでしょうか・・・
 明確に答えていない

「悲嘆回復」ということを目的としているならば、明確に「遺族がこうこうこのようになることを・・・」というべきです

癒えるって・・・どんなこと・・・でしょう


綺麗な耳障りのいい言葉を羅列して・・・理論付けられていないのは学問では無い・・と私はおもう


  悲嘆からの回復

  私は専門家から見ると・・・回復しているんでしょうか・・それとも病的悲嘆・・・精神疾患者でしょうか
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR