FC2ブログ

求められたことに一生懸命にしてくれる人たちこそが支援者と名乗るべき

20121225092307.jpg
おひさしぶりにお便りをいただき、涙が出ました〔鬼の目にも涙・・・かな)

藍の会の最初に一緒に共に活動してきた遺族

能力の高い人・・・たくさんのことを調べていろんなことを教えてもらった

  岡知史教授との出会いも・・・その人のおかげ

    たくさんの人たちに出会い、助けられ支えられ教えられ・・・生きてきました

「支援しています」

という人ではない人たちにたくさんの支援をいただいてきました

     彼らは支援しているという意識は無い

 求められたことに対して一生懸命にしてくれる
素晴らしいひとたちです


 息子が見ている・・息子に見られている・・


   やさしい人たちが優しいままで、笑顔で生きられる社会をめざすこと・・・が目的です


 遺族の悲しみも…やさしいこころがあれば・・・

      物の喪失といのちの喪失と同じには語れないはず

  悲しみを学ぶならば・・・悲しみを遠くから見るのではなく、近くで見ることです・・・ひとりひとり

 そして、外国の遺族ではなく、日本の遺族を見てください

死生観が違うことも学んでください

薄っぺらな人生観で・・・家族の死の悲しみの専門家のように振舞わないでください
  耳が最初から無い人たちですから・・・目も無いのかもね


 息子が亡くなって7年間・・・遺族支援と遺族支援者に傷つき、闘っています・・・

 
    「会いたい」の本の出版

   「悲しみは愛しさと共に」という本はこれから発売予定

奇しくもNHKのヒロインの相手が「愛}という文字で「いとし」という

かなしい・いとしい・・・とも読む文字「愛しい」


   大切な家族が亡くなって、長く悲しみが続くことが病気という支援者たち・・・なんて乱暴なデリカシーのないひとたち


  悲しいです・・・苛立ちと悲しみと・・・怒り


   
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お便り・・・

岡先生と繋いでくれた、藍の会の最初のメンバー・・・。
お手紙を下さったのですね・・・。
お元気で過ごされているのでしょうか?

心で繋がっているのは「活動してる!!」と豪語している人ではなく、
遠くからでも、そっと見守り応援して下さっている方だと思います。

Re: お便り・・・

たまーに不思議なご縁で、連絡をすることがあるのですが・・・

 ネットもできなかった私でしたので・・・たくさんの情報をその人が探し出してくれ、多くのことを学びました。 忘れずにいてくれていることだけでも・・・力です

多くの遺族に支えられて今を生きています。感謝です。
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR