FC2ブログ

家族の死という別れの悲しみと、生きていての別れの悲しみと同じという発想が雑!




20120804084648.jpg



11月は札幌
12月は米子

最近の講演内容は「悲しみは愛しさと共に」


悲嘆のプロセス論や悲嘆回復・複雑性悲嘆・あいまいな悲嘆・おぞましい悲嘆・・・

  大切な愛する家族を亡くした悲しみを、正常とか異常とか、他者に決めて欲しくないから


養子になった人の気持ちもあいまいな悲嘆と呼ぶらしいが、1歳で養子になったけど・・・6才くらいで養子とわかったけど・・・両親の離婚が原因だけど・・・
他人の養子だけど・・・血縁はないけど・・・

それを悲嘆に思う事はなかった

愛されて育ったから・・・養父母が親族が大切にしてくれたから・・・

血縁なんて・・・別に・・・

  似ているなぁって思う程度

認知症もあいまいな悲嘆・・養子もあいまいな悲嘆・・・

行方不明の家族も

震災で今も発見されていない家族も


って・・・なんで、そんなにおおざっぱなの?


こころ・・・しかも・・・人のいのち・・・

  亡くなって二度と会えない別れと・・・

養子や、認知症で記憶が消えることと・・・同じステージだなんて・・・


 あまりにも・・・雑な考え


そんな雑な考え方がグリーフケアという考え方の根本にある


 だから、おおざっぱな人達が推進しているのでしょう

繊細な人達ならば・・・普通に受け入れられない


疑問も湧くはず



 悪者のように取り除こうとする考えが不自然


今も今までもこれからも愛しているから、悲しいのです


普通の人間らしい感情ですから・・・


泣きたいときは泣くがままに・・・

悲しんでいるときはそのままに・・・

笑顔のときはそのままに・・・


人としてのあるがままの姿を・・・特別視しないでほしい

人の悲しみに勝手に名前をつけないで
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

悲しみのざっぱさ

生きていて、家族がもしなくなっていても
年の順、もう高齢だったから
そうやって自分を納得できる、別れ

そういう経験しかした事の無い人たちが、

子供が突然亡くなり、
または姉妹が突然亡くなり
または病死で。。。

普通の経験?しかしたことの無い人が
慰めのつもりか
ここで聞いている卑しさの塊のような人が

えらそうに  おおげさに

括ってしまう
言われたこっちは何だか腹立たしさしか残らない
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR