FC2ブログ

遺族の数ほど支援者からの被害があります。支援者被害。これ以上傷付けないで!!

20121005113302.jpg


教授の家族の気持ちを考えて欲しい・・・って、何言ってるの

遺族の気持ちや遺族の家族の気持ちは考えなくていいんですか・・・


遺族支援という内容で論文を書き、教授になったひとたちが大勢居ます

遺族支援の専門家と自称自負しているひとが・・・

     遺族に気を使わせて、遺族が我慢して、「とても素晴らしいです先生」と言われて満足なんでしょうか


誰のための支援???


 支援者の満足感を達成させるために、息子が死んだのではありません


 私の悲しみも、支援者の心を満足させるためのものでは有りません



 
 愚かな教授に愚かな取り巻きです・・・



遺族は支援者に傷つけられても、ただただ我慢して・・・波風たてないように

言われるがままにやりたい放題させて・・・


 ジッと耐える事が・・・正義ですか???


日本人は、とかく、強い悪は見てみないふりをして・・・


              
いつの間にか問題を摩り替え、意見を言う人が悪い、支援してもらっているんだから・・・

ありがたがるべき・・・という思考の人が多い



 教授もさまざま・・・



 本当にすごいなあ・・と尊敬できる人は・・・少ない・・・


20121007153610.jpg








息子も私も・・・権威には媚びない・・・夫も、次男も・・・



お兄ちゃんが亡くなって、世の中に怖いものはない
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

素朴な疑問・・・

「自死遺族支援をしている立場」の方の中に、
「自死遺族に支援をして欲しい支援者」の方がいるのは、
確かな気がしてます。


立場を「逆転」させてしまう「状態や関係性」は、
「望ましい支援の形」とは言えない気がします。


支援者が上から目線で支援をされる事も、
望ましい支援の形では無いように思います。


だからこそ、セルフヘルプという生き方を選ぶ遺族が多いのでしょう。


プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR