fc2ブログ

息子が微笑んでくれる生き方をしたい

R (2) 


息子に申し訳ないと思う生き方をしようと思っている
亡くなった息子に許してもらう生き方をしなければ・・・と思っている

今でも悲しみで潰れそうになることもある
   でも  やることがいっぱいある
仏壇のお花をきれいにしておくこと
  2005年から  少ないときで花瓶5個  多い時は花瓶8個
   仏壇はいつも お花で埋もれるように・・・・

家にいる時はほぼ毎日 仏壇を拭く
ホコリがないように・・・・・・
     中も外も・・・
息子の写真たても‥拭く
  ホコリがついていないように・・・

毎日 お茶とお水・・・線香とローソク
   1か月かなりの線香とローソクを灯す

灰の掃除も必要
     仏具も磨く

家の掃除と同じように・・・・ほぼ毎日

  家の部屋も 同じように掃除をする
玄関・・トイレ…洗面所…風呂 台所・・・
  窓ガラス  扉
      壁・・・天井・・・・家具も拭く
家事はやろうと思えば一日やることがある

息子は片づいている部屋が好きだった
    おやつも手作りが・・・

息子が認めてくれることを・・・
息子が褒めてくれることを・・・
 息子が微笑んでくれることを・・・

そいう意味でも 息子が逝き 生活は一変した

   生きている時は 当たり前すぎて  大切に思ってもいなかったことが
    失ってみて
  どんなに大切なものだったのかを 思い知らされている
     自分に厳しくありたいと思うようになった
   それでも
  まだまだ自分に甘いなぁ~~~と思う事もある

   そのうえで メールや書類  
  手紙・・・・レターパックでの送付
   電話相談や
      メール相談もする

また  論文を読んだり  いろんな情報も得て学ぶ

 息子が逝き  常に息子を意識し
    生活をしてきた

 自死の問題以外の情報を必要としない

   自死の問題は 様々な問題があるの いじめや体罰  労働問題 介護 福祉
         学校  教育  ・・・・・・・・・・家族  医療
多岐にわたる

  スイーツの美味しいお店
     おしゃれな洋服
   とか 観光 や ラーメン店巡り や蕎麦店巡り
     他
         趣味は全く興味が失せたが
  人にやさしい社会を・・・・・・・
  という思いは 強く持つようになった


明日は東京日帰り
   議員会館に行く
                       再調査の設置を求める要望書を持ってお願い行く

自分の事ではない
    つながっている遺族の代理人として・・・・・・
   亡くなった人の尊厳を守りたいと思うから

  
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント