fc2ブログ

田中幸子のひとりごと ~自死で子供を~

自死遺族として、子供を亡くした親としての思いを綴り、「悲しみは、愛しさとともに」~グリーフ.イズ・ラヴ~…息子への愛を伝えたい。

遺族の力を信じて・・・

a0037019_6551937[1]

自死以外の遺族との出会いも含めて
   遺族とのご縁は5千人以上になる
年々増えていく

  助けられましたというお声もたくさん頂きますが
   助けたとは思っていない

その人自身の力で・・・
   道を見つけただけ
    迷ったとき、見えない時、少しだけお手伝いをしただけ

  いろんな道があり
  選ぶのはその人

遺族が自分の悲しみと向き合う形もそれぞれ
   一人一人違う
会も様々あっていい
 精神科医が主催の会
  臨床心理士が主催の会

保健師が主催の会

 グリーフケアを学んだ人が主催の会

  看護師たちが主催の会

いのちの電話のようなボランティア団体が主催の会

僧侶の会  牧師さんが主催の会

  他にもたくさんの会がある

選ぶのはその人自身

  カウンセリングを受ける人もいる
    
 お金のある人も ない人も
   悲しみは一緒

  若くても年寄りでも  悲しみは一緒
 遠くまで出かけられない人もいる
 介護もあって
    出かけることが不自由な人もいる


だから
 会に参加やカウンセリングを受けなくても

 わかちあいができるように

遺族を紹介してつなぐ  

   2~3人につなぎ
相性のいい遺族とつながれるように・・・する

電話やライン、メールでわかちあうこともできる

会への参加が全てではない

 手紙での交流もある

耳の聞こえない遺族のために
 メールやファックス・・・手紙がある

目の不自由な遺族のために
  電話でのつながりもある

  悲しい心だけではない 問題を抱えている遺族のために

いろんな専門家とのつながりも作る
   信頼できる専門家につなげることも遺族が求めることへの対応の一つ

 どこにもつながらず
  自分の力だけで 生きている遺族もいる

  とにかく
   お元気に生きていてくれたら  と思う

 病気の人もいる
     亡くなる人もいる

   私自身  悟れない凡人だから
     迷う事や 行き届かないこともある

   皆さんに  許してもらいながらの支援活動

  忙しすぎて
     忘れていることもある

    締め切りも忘れていることも多い

 精いっぱい 誠意を籠めて…と思ってはいるが

   思いが至らないこともある

  でも
  その人自身の力を信じている

 繋がるという力があったということを
   信じている

 自死がゼロの社会になることを目指している

    自死が世界一多い国日本

かなしい
スポンサーサイト



コメント

初めまして

初めまして私も母と娘でした

母は去年1月13日亡くなりましたヤフーで9年間の介護のこと書きました皆さんから共感受けました母が死んでいまアメブロに書いてます

気持ちが落ち着かないからインコ飼ってます

母と私は一卵性のような仲でしたまだまだ毎日泣いてます

こちらのブログはアメーバーで書いたブログそのまま持ってきて書いてます

コメントではありませんがまたよろしければよってくださいね

ありがとうございました

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ken0314.blog.fc2.com/tb.php/2528-46dc03ff

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事

ご来場者様

ツイッター

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

支援 (389)
遺族 (365)
子ども (203)
自殺 (362)
いじめ (54)
相談 (245)
愛 (34)
精神科医療 (243)
悩み (108)
わかちあい (27)
活動 (119)
いのち (74)
ブログ (25)
精神科医 (18)
精神薬 (72)
震災 (37)
ケア (14)
悲しい (106)
こころ (67)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん