fc2ブログ

田中幸子のひとりごと ~自死で子供を~

自死遺族として、子供を亡くした親としての思いを綴り、「悲しみは、愛しさとともに」~グリーフ.イズ・ラヴ~…息子への愛を伝えたい。

死にたくなるほど追い込む問題を放置~死にたくなったら相談を!これが自死の対策

maylittleone-img600x404-14801421331azn5g8470.jpg

息子を自死で亡くしてから
  大勢の遺族の声を聞いてきた
自分も含めて 遺族の悲しみは癒えることはない

 悲しみをごまかして生きているだけ

 亡くなった人が 生きている遺族よりも苦しかった・・・と思っている


    単なる苦しいという言葉の代わりに死にたいという気持ちになった時ではなく

   心底 死ぬしかないと思ったとき
      死ぬしかないと思うと話してほしかった

 今から死にますと宣言して自死する人は少ない

  限りなく 少ない

多くは
 静かに逝く

  騒がず 喚かず
     言葉少なく  ・・・・
遺書を書くなら
  家族にラインでも メモでも メールでも
    留守電でも
  なんでもいい
      死ぬ寸前ではなく  明日死のうと思ったとき
        伝えてほしい

 電話相談を受けたり
 遺族の話を聞く限り

  電話相談をあっちこっちかけている人は
      死ぬという覚悟をした人ではない

相談をしているときは
    大丈夫
   
そもそも  相談をしない人や
  相談しても  たらいまわしが続き
    何の解決にもならない場合は  その後黙って逝く

 また
   悩みや苦しみの原因を放置して
  精神科に通うと
 精神薬の副作用で
 死への恐怖心が
    低くなる

  悩みや苦しみは 精神薬では 解決できないのだから当然である

  生きづらいというのは
  精神的病ではない
  
社会に生きづらい要因があるのですから

本人の精神的問題にすり替えているが
   問題があるのは本人ではなく
  社会なのです

 障害も本人ではなく 社会に存在する

   特性ということばも
  差別的用語として社会では使われている

   今の日本は
 周りに忖度し
顔色を伺い
    周りと同じように生きることを求めている

 突出した 声の大きな 少数派は認めるが
   
少数派のほとんどは社会では生きづらい

   多種多様な生き方を認めましょうといいながら
一方の社会では
    障害という形で レッテルをはられている

 自死の問題を24時間365日考え15年生きて
   日本の自死の予防は
真の対策にはなっていない

支援者の支援をする対策
 がほとんど

生きづらい問題の解決は放置
   苦しみや悩みの原因は放置

相談をしてください・・・が中心
 いや
  対策のすべてが 問題が起きてから相談をして!というもの

 働き方や教育の問題
 福祉の制度や仕組み
     何一つ やっていない

 一度で逝く人が8~9割
  この統計も無視して
  未遂者支援が重点施策とほざいている

  未遂の経験もなく
  相談もしない 一度で逝く人の予防策は何か?

それは
 人を追い込んでいる 問題の是正しかない

   相談機関の充実も大切だが
      人を追い込む問題の解決もしていく方法も必要である
そのためには
 国が動くしかない

  どうしたら 動くのか・・・

   自死が減ったら  困る人たち(ビジネス)が
     自死の対策の中心となっている限り
   本当の意味の
  自死の対策にはならない

金づるなのですから  自死が・・・
スポンサーサイト



コメント

金蔓

ライフリングの人々にとって、自殺と関わっていなければ、仕事も社会的存在意味もない、ただのNHKを辞めた元ディレクターでしかなくなります。、自殺の第一人者然として政府筋やマスコミの寵児の地位も失います。
結果、じゃぶじゃぶ使える国家予算も賛助金も手元に落ちなくなります。
自殺がゼロになっては困るのです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ken0314.blog.fc2.com/tb.php/2506-a4ad5101

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事

ご来場者様

ツイッター

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

支援 (389)
遺族 (365)
子ども (203)
自殺 (362)
いじめ (54)
相談 (245)
愛 (34)
精神科医療 (243)
悩み (108)
わかちあい (27)
活動 (119)
いのち (74)
ブログ (25)
精神科医 (18)
精神薬 (72)
震災 (37)
ケア (14)
悲しい (106)
こころ (67)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

designed by たけやん