FC2ブログ

使い捨ての秘書になれない煩悩だらけの私


ind_pic_mainvisual[1]

自死遺族の個人情報が一元集約される
これまでの警察庁から厚労省という流れではなく
警察庁から民間団体に集約される
指定法人とはいえ
 あくまでも 単なる一般社団法人
公益法人ではない
 独立行政法人 公益法人 公益財団法人などなど
  いろんな法人があるが
 昨日登録したばかりの一般社団法人が
    指定されて
  何十億という税金を使い
   自死の対策を決めて 地方自治体を指導し
     研究は募集をし
   モデル対策も募集し
 自分たちは 研修の講師や 指導だけして
   給料をもらう
下請けのように 下々の民間団体等に事業をさせて
報告は自分たちが受け取り
   いかにも 自分たちが研究し、具体的対策をしているかのように
      講師だけ務める
  専門家と名乗る
自死対策の・・・・

民間団体だから 入れ替えは自由
 個人情報保護法違反も 公務員のように罰せられない

 何回か このブログでも書いてきたが
   ほとんどの人は 
他人事だと思っていることでしょう・・・ね

そうですよね
 今、遺族の人ではなく
これから遺族になった人が ターゲットですから

 自分ごとのように 不安を感じていないのでしょう
   それが普通です

 でも 少しでも止めないと やりたい放題
  自死遺族の個人情報が 永遠に流れ放題になっていくことは目に見えている
罪人でも個人情報は守られる
 自死遺族は罪人以下である

 どうしたら 危機感は伝えられるのか
    ずっと考えている
  新聞にも投稿し掲載された
世間の  反応は鈍い

 今自死遺族である人の情報ではなく
今後自死遺族になった人たちの個人情報の事だから
 関心がないのかもしれない

全国自死遺族連絡会は分かち合いの団体ではない
   
 分かち合いを目的とする会は必要で
   たくさんあればいいと思う


 せめて 代表だけでも
    総合支援としての目線を持ってほしいと思ってきた

  悲しい気持ちだけではない
 様々な問題に関心を寄せ
   具体的解決の連携先を知り つないでほしいと思ってきた

    第三者調査委員会の設置の権利
  労災申請とは・・・
賃貸借の賠償金の問題
  債務整理 相続
  保険 鉄道問題
  医療過誤
  などなど
悲しみと精神薬の問題

冊子にしてあり、ダウンロードもできるが
   もっと 詳しく 掲載したいと思っている
冊子も作成したい
   手元に置くだけで いざという時に役に立つように

 様々な相談を想定して・・・・
また 聞き出すための 心得も

    72歳になろうとしている 私の時間は少ない

 限られた時間の中で
 どれくらいできるだろうか

時間を有効に使わないと
   目標に達しない
しかし
 あちらこちらから
足を引っ張られ
  なかなか思うように できない

  一人ひとり大切にと思うが
   大切にという思いが 伝わらない時も多い
雑になることもあるから
   伝わらない事が多いのも 私の責任

常に謝り
常に感謝し
常に反省し
 ・・・
一人一人の使い捨ての秘書であれ・・・とは思うが
   凡人の私は徹しきれない

やらなければならない事が たくさんありすぎて
  焦りが・・・・
時間が欲しい


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR