FC2ブログ

信じる心とご縁

<DSC01280[1]

わがこが誰かの生まれ変わりだという人がいる
   それを否定はしない


   2011年3月11日
東日本大震災で 亡くなった子だと決めて
  子供を亡くした親に伝えてほしい
といわれるのは
    正直に困る

 小学校の屋上で津波にさらわれて亡くなった小学1年生はいない
   と
私の記憶では思っている

  大川小学校なども 屋上ではない
他の小学生もなくなってはいるが
  小学校の屋上ではない

避難途中だったり
   自宅や祖父母の家に帰ってからだったり
 幼稚園は送迎バスだったり・・・

その子の発言は
  小学校の屋上で・・・・
自分の家が小学校から見えるところにある・・・・


そもそも 自分の家が屋上から見えるとしたら
   すぐそばに家があるか
 屋上が高いはず

 高い屋上なら 津波は逃れた

海岸のそばには小学校はない

    また  そのことを告げて  子供を亡くした親は喜ぶだろうか
   私には自信がない 傷つけないことに・・・・

 自分が産んだ子供が
 1か月前に亡くなった弟の生まれ変わりだという人もいる
 否定はしない

 わからない世界だから

   生まれかわる人と生まれかわらない人がいるのだろうか

その違いは何だろうか

  生まれかわったとしても
     前の記憶がないのだから  別の人
  別の親の遺伝子をもって生まれてきているのだから
   別の人
  別の子供

同じではない

    たましい が  誰かの 夫婦の卵子と精子でできた お腹の中に
      頭脳に入るのだろうか

わからない

 それは  魂の存在を信じるより  はるかに難しく理解できない
 
いつかの「法話の会」で
 お浄土の話をして頂いた時
遺族が
   極楽浄土で 会えると信じたいけど
  生まれかわっていたら
   会えないですよね・・・と 聞いたことがある

その宗派のお坊さんは
 極楽浄土に往生された人たちは
   娑婆世界に生まれかわることはありません

だから 必ず会えます・・と言われた

 どちらを信じるのか

何を信じるのかは
  その人自身のこころ

 縁があれば  娑婆世界のこの世で 会えるかもしれない
   極楽浄土を信じれば
       往生して会えるかもしれない

   縁は不思議なもの

 誰にも わからない

   縁があって 家族になったのだから
       それを大切に・・・
    また どこかで会えるのを信じて

それは 誰かに与えられるものではない・・とおもう

  縁だからhasu-2[1]




   
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR