FC2ブログ

自死への差別  献花台の強制撤去

1484440679.jpg

 自死への差別はいたるところにある

  いじめで亡くなった子供のために
    植樹を学校の敷地で行ったりしている地域もあるが
 仙台市のように
   学校はなくなった子供のために
     花の一本も供えることなく
 地域の人が献花台を作り
     地域の人たちが お花を供えても
   壊したり
して
    5年が過ぎたから  もういいんじゃないか
       という市役所
  震災は慰霊碑があちらこちらに建てられ
  交通事故も ずっと 献花され
    祈りの地蔵さんまで 建て
  語り部活動が推奨され

いじめが原因と答申で認めた自死でさえ
    穢れたことのように
       撤去をするように 看板を立てる行為は
    たとえ 子供がいじめで亡くなっても
       他の死とは違い
   気持ちが悪いという嫌悪感があるという事になる

   子供の死を悼む気持ちがあれば
      無理やりの撤去はしない

   震災で学校の判断ミスのために亡くなった子供と
      学校内でいじめにあい  学校の判断が甘く
       解決できず 追いつめて  自死した子供と
    何がそんなに違うのでしょうか

    震災の死者のために
    慰霊碑が たくさん建てられ
  遺族が建てたお地蔵さんや観音さま
    それも 大きく 立派な

 それでも
   みんなが手を合わせ
   行政も認めて
  忘れないように  忘れてはいけない
と 叫んでいる

市役所との和解の条件にもなっていないのに
   和解したから・・・・撤去という理由
もう年数も‥‥という理由

震災は10年すぎて  忘れないようにという
  事故も15年過ぎても 忘れないように・・・という
戦争なんて75年すぎても わすれないように・・・という
   自死は5年過ぎたら
     もういかげん 年数もたったから‥といわれる
 いじめがあった学校の近くの学校で
   いじめ自死があっても・・・
調査委員会が開かれていても
今もいじめで入院したり 転校している子供がいても
    自死だからという理由で
      強制撤去される献花台

  差別はアメリカだけではなく
 日本でも多くの差別があることを
 多くの日本人は知らない
 差別とさえ思っていない

   自死への差別を 遺族は感じてほしい
     そして その差別は
遺族にではなく
 亡くなった人への差別であることを知ってもらいたい

  遺族に自責の念があるなら
亡くなった家族への 差別を許してはいけない

 自分への差別なら まだ無視できるが
   苦しみ悲しみ 自死した家族を
 死んでまで 差別されることを  容認してはいけない
  と
  私は思う

 その差別を是正するために
 自助グループ活動をしてきた

わかちあいの会だけではない
   全国自死遺族連絡会や法律の専門家たちとの自死遺族等権利保護研究会も
    立ち上げてきた

 泣いて泣いて泣いて
    死んでいった息子を 蔑む社会を 変えなければと思い生きてきた

   社会に追いつめられた末の死であるといいながら
      社会は
  自死を蔑み
      自死者を差別している
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR