FC2ブログ

会を他の人に任せたほうが・・・の言葉が 頭から離れない

unnamed.jpg

私の活動をよく知らない人からの批判
ほんの一部分しか見ていない人たち

 遺族からもある
自助グループのルールを理解していない遺族からの
 ルール無視の要望もある

わかちあいの時間内で話したことは 会の外に持ちだしてはいけない
  それでも藍の会自由なほうだと思う

アドバイスや意見は言わない事になっているが
クールダウンの時間は自由にしている

ただし 分かち合いは 言いっぱなし聞きっぱなし
   
   一番困るのが 占いやイタコ・霊能者の紹介を分かち合いですること
   紹介をするという事は責任を伴う事
   責任をもって紹介できるんですか・・・・と聞きたい

   何かあったとき、どのように責任をとれるのか・・・

  霊能者にはまり込み 逝ってしまった遺族がいる

    もう一人の子も死ぬといわれお祓いをしたいというので 
不本意ながら 知っているお寺を紹介しお祓いをしてもらった遺族もいる

 自業自得と言われ 悩み苦しみ
    精神科に通った遺族もいる

 行くなら自己責任
 紹介するなら責任を持ってほしい

 精神薬もそうだが
 飲まないようにと遺族には言うが
   アドバイスなど聞く耳持たず
 飲み続け
 苦しくなった時に 減薬と断薬をしてくれる医師の紹介を・・・と
   
占いも霊能者も
 行くときのアドバイスをする
   どうしてもいくなら 紹介もする

そこにだけは行くなといっても
 行く人がいて
苦しくなると どうにかしてほしいと いう

 何十人もいる・・・・・

何とかしてあげたいと いつも相談にはのる

しかし

矛盾を感じる

  アドバイスを無視して
    自分が決めた結果を
アドバイスして無視された私が何とかするのが普通だろうか
 自分が責任を持つべきではないのだろうか

 冷たいといわれるだろうと思う

 きつい性格と思う人もいるだろう

そうかもしれないが
   必死に何とかしてあげたいと 探したり他の人に聞いたり頼んだりして
    紹介したりする
報われることは少ないし
もちろん
報われなくてもいいと思ってはいるが 
   しんどい時もある

阿弥陀様にはなれない
  凡人ですから
 どこまでも寛大なひとにはなれない



 最近
会をやめて 別な人に任せたほうがいいのでは・・・と
  遺族に言われた

藍の会を始めたころに
  藍の会の乗っ取り事件があり

話し合いに行き、藍の会は私と息子の会
  会は誰にも渡しません
あなたたちがやるなら 藍の会ではなく 名前を変えてやったらどうですか・・と
 その当時、やせ細り必死で活動している私は
 命がけで藍の会を守った

今15年になろうとしているときに
 他の人に任せたら・・といわれ
ものすごく傷ついている自分がいる

  任せられる会は 任せている
しかし
藍の会は私が死んだら閉会
このいのちが尽きるまで続ける覚悟でいる

 社団法人などの団体は 理事もいるから
   私が退いても  いいとは思っている

退いても継続できる 資金の調達方法や人脈の引継ぎをしていってこそ
  任せることができるのであって
  無責任に どうぞよろしくお願いねとはいかない

活動を知らない人が言うことを 気にしても仕方がないのだと思う

  しかし

ある支援団体は 私がつぶれたほうがいいと願っている
 死ぬのを待っている

あの人たちの自由に天下が取れる
 遺族の個人情報も集め放題
    金も名誉も 遺族は駒のように使われ
使い捨てにされる
 
  自死遺族の個人情報なんて流れ放題
遺児のためにという事で
学校で遺族であることを公開されていく

   必死で抵抗し ようやく彼らが無視できないところまで
       来たのに
   せめて 遺族だけは 応援してくれなくていい
     貶めることは勘弁してください

他の人に任せたほうがいいという人に聞きたい
他の人って誰?
推薦してほしいと思います

藍の会の代表は 誰がいいのか・・・

 全国自死遺族連絡会は誰がいいのか・・・

どうやって運営していくのか

   会の開催は 簡単そうに見えるのでしょうか

 裏方の仕事がたくさんあるのは
    知らないのでしょうか

  公共施設で6時までの開催時間を
延長するのは
 大変です
でも 参加している遺族の様子を見ながら
一人の遺族のために 手続きをして 使用料を支払い
 時間の延長をしていることを
知らない

知らせないように 手続きをしていることが多い

   知らないうちに 配慮してもらっていることもあるのだと
     知ってほしいと思います

 それが相互扶助
   お互い様の感謝の気持ちの行き来です

  一生懸命 その人を思い
   アドバイスをしたつもりが

  余計な事のようでした

お好きなように‥‥といえばよかったのかもしれません

  ただし 仲介はできませんとだけ伝えたほうが無難だったのかもしれない
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR