FC2ブログ

第三者調査委員会設置の権利の放棄はもったいない

8386838A82CC89D43[1]

  小学生・中学生・高校生・・・
の 自死
10年前は 第三者調査委員会の設置が義務付けられていなかった

 今、学校・教育委員会は 子供の自死が起きた時
  いじめ云々を問わず 第三者調査委員会の設置をしなければならない
遺族が拒否しない限り 調査をしなければならない

保護者説明会も 遺族が拒否しない限り 開催する義務がある
いじめがあったのか
 体罰や行き過ぎた指導があったのか
   なぜ自死に至ったのか を 調査するための委員会の設置
   を
遺族が拒否したから   遺族の意向に沿って・・と
   学校や教育委員会は よく発言する

一部嘘で一部正しい
できれば 第三者調査委員会の設置はしたくない
という学校と教育委員会

子供が息を引き取ったという報告を受けると
すぐに
駆けつけ
「保護者説明会どうしますか?」「説明会を開くと遺族であるあなたからの説明が必要ですよ」
「マスコミが殺到して、隣近所にもピンポンして歩きますがどうしますか?」
「調査委員会もどうされますか?」
「ご兄弟への聞き取りもありますよ」
「マスコミが騒いで、家族への取材も殺到して、名前なども広がってしまいますがどうされますか」
などと
遺体が温かいところにきて親に聞く
電話をかけてくる
子供の死を目の前にして 錯乱状態にある親は
  「今はそっとしておいてください」という事が多い
「時間をください」とか「考えさせてください」とか返事をする
「落ち着くまで待ってください」ともいう

 それを「拒否」と受け取り
遺族が望んでいませんので…と公表

子どもが亡くなり 通夜や葬儀 火葬・埋葬などなど
 信じられない世界が過ぎていく中で
冷静に判断できる遺族がいるとは思えない

ましてや
マスコミが殺到するとか 近所にも・・・とか
名前が知れ渡る・・・とか
 兄弟姉妹にも・・とか 
親子喧嘩をしたことは?とか
 兄弟げんかは?とか
家族に責任を負わせるような事を言う学校と教育委員会

誰にも言われなくても
親は自責の念に苛まれる
自責の念につぶされそうなほど自分を責め続けている親に
さらに 追い打ちをかけるように
 親子喧嘩は?兄弟げんかは?
   進学でもめたことは?
という学校と教育委員会

まことに汚いやり方である

卑怯者そのもの

 第三者調査委員会の設置や保護者説明会
日本スポーツ振興センター災害給付制度
などは
権利を認められない頃の遺族たちが
裁判をして敗訴になり(いじめの裁判のほとんどは敗訴だった)
血の涙を流して積み上げた土台の上で勝ち取った権利なのです

学校や教育委員会に丸め込まれて
権利を放棄するのは
  悔しい  もったいない
時効は2年
すこし落ち着いてからでも
 保護者説明会や第三者調査委員会の設置を求めてください

自分でできなければ 弁護士に相談すること
 第三者調査委員会の設置を求めるだけなら
そんなに費用は掛かりません
分割もできます

  第三者調査委員会の遺族側推薦の委員を要望し
    推薦した人たちが委員に任命されても
費用はもちろん行政側が負担します

なぜなら 教育委員会が任命するのですから・・・・

 ただ 死んだ  だけで終わらせず
   調査をしてもらうことも
  親の役目かとも思うのです

  非公開での第三者調査委員会の設置や開催はできます
新聞等に掲載されている第三者調査委員会などは
 遺族が望んで記者会見をしたから・・・
  非公開で知っている人たちだけが知っている第三者調査委員会は
    全国的にみても かなりの数があるのです
関係者からの情報です

非公開でもいいのです
  第三者調査委員会の設置の権利を放棄しないで
     行使してみませんか

子供の無念をはらすためにも

 第三者調査委員会や保護者説明会の開催を求めて
   苦しみ悩み 闘った遺族たちへの 思いもこめながら
     せっかくの権利を・・・・・・
  使ってみませんか

ご相談に応じます
  自死遺族等権利保護研究会の弁護士たちのつなぎます

心ある人たちばかりですから
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR