FC2ブログ

ある日突然自死遺族になったとき・・・・ 警察からの事情聴取は任意である 拒否ができる

03a258b910c4d6a3d3c19d21b809415c.jpg

4月から活動が開始されている指定調査法人
 自死遺族になって年数がたった人の情報が集められるわけではない
   そこが自死遺族にとっては弱点である
 自死遺族になって日にちの浅い人が
    行政に声をあげるのは厳しい
自分の情報が
   民間団体に集められ、専門職でもない…個人情報を守る義務のある人でもない
     民間人に 自分の知らないところで 自分も含めて亡くなった家族の情報が
        検討され研究に使われていくことがどんな弊害をもたらすのかまでは
         思いは馳せられないのが普通
 その盲点をついた 情報集めが行われる
   しかも 事情聴取を受けた情報のすべてを・・・・

警察からの聞き取りには応じないほうがいい
 でも
この問題提起は 遺族には届いても
   幸せな人には届かない
自死なんて 自分の家族にはありえないと思っている人がほとんど・・・

家族に自死が起きてからでは遅い

 幸せな人たちにこそ この情報が届いてほしい

   ある日突然 遺族になったとき
警察から事情聴取を受けるとき
    今 話していることが すべて 民間団体に公開されることを・・・

  昨年度も警察本部長と生活安全課長・公安に員会に申し入れ書を送った
  今年度も送付予定
   絶対に 決して  警察が集めた情報を ほかの機関に・・しかも民間団体に流すべきではない

   汚いやり方です
 家族が亡くなった直後に・・・・
  警察官から聞かれたことに答えたことがすべて文書で 指定調査法人に提供されることを
  法律まで作って 強引に 情報を集めて
     全国の自治体の指導をしようなんて

   自分の力で集められなかったから
     議員の力を借りて・・・・何も知らない議員を言いくるめ
   議員立法をつくり 議会のどさくさに紛れて
       議論されることもなく 決めた

いかにも 自分が 自死遺族支援も含めて自死の予防の日本の第一人者のような顔をして
  全国の自治体を指導するのでしょう・・・
   
 息子が逝ってから
   15年間 
 彼らには 誹謗中傷の連続

   自死遺族支援も  自分たちこそが・・・・・と会議では発言しているけど
      意味不明なことばかり
   精神科医を差し置いて
  自死遺族支援には「認知行動療法」が必要です・・なんて発言したり
   ・・・・・・そもそも医師でもない人間が認知行動療法を保健師に講義することが 恥ずかしい行為です

   自死遺族が必要とする法的支援には 何の知識もなく
     二言目には 遺児支援
   遺児の支援は・・・・・ダギーセンターの・・・・なんて発言

   本場のアメリカでもほとんど知られていないダギーセンター

     ・・・・・・・・・

 と  まぁ  いらついて いる わ た し

お兄ちゃんは
 苦笑いしていそう

20120522202408.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR