FC2ブログ

時々惑う

おがさわら

日々 自死遺族からの電話を受ける事がほとんど
  

  携帯2台と固定電話2台の電話番号を公開しているので
    (行政機関のホームページやチラシ等々も含めて 数え切れない所で公開している)
 「死にたい」「連絡ください」というショートメールも時々届く
  電話も・・・留守電もある
 夜が多い

 1年間に1万件相談を受けているというと 本気にしない行政や支援者が多いが
   現実はもっと多い
   今も そんなやりとりをして
  明日を約束

 ただし 毎日 夜中だけしか電話をよこさない人には
      昼の時間帯の相談を促す

   遺族の相談は自分が遺族だから なんとかなる

しかし
  死にたいという人の言葉は時にしてキツイ事もある
     酷く乱暴な言葉で自死の方法を言う人が多い
    吐き気がする事もある
 どうして
  あんなにも ひどい言葉で 表すのだろうか
      多分・・・  たぶん ・・・ 
あんなにも 醜い言葉で自死を表現する人は死なないだろう・・と思う

  やさしさの欠片もない 表現

  毒々しい 印象を受ける

   相談を受ける団体が  自死遺族の当事者団体で自死遺族の相談を受けていると知っていて
      「死にたい」という言葉をいう
  歪んでいる人たちが多いように感じる

  でも
彼らも  どこに相談しても  適当な返答をされて
  たらいまわしになっていたりする

真剣に 親身に
 一人ひとり 丁寧に対応している機関は皆無だと思う

 1人の人間の能力には限界がある

    支援者の支援や
       研修会 セミナー
   リンクだけ・・・
    紹介だけ・・・
    聞くだけ・・・ 講演だけ・・・

    具体的解決のための活動はしない・・・のが 
   活動としては楽

  でも  一番目立つ  

    当事者のための支援はしていないんだけどね・・・


           それが世の中

     namae.jpg

 明日 は  どんな一日になるのかなぁ~

 ぎっくり腰がなかなか改善しない  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR