FC2ブログ

ある遺族の死

slide0517[1]

 今年、ある遺族がガンで亡くなった
   娘をいじめで亡くし 裁判をした
 当時は第三者調査委員会の義務化もなかったが
  学校に原因解明調査を申入れ
学校も約束
遺書を学校に渡した
その時学校には
調査期間中は遺書は他言しない事
診る人も限定することとお願いをした
学校側は私たちにマスコミとは接触しない事といった
  その後
突然地元紙が報道
 家庭に問題があるという内容
 それでも
学校を信じ教育委員会を信じた

その後の調査報告は
    いじめはあったが
  ○○さんをいじめていたのではなく
    ○○さんは 勘違いして 自死したという発言を地元の新聞に掲載
 いじめられていた本人は気にしていないのに
 ○○さんは自分が言われていると勘違いしたとした
遺書にはハッキリといじめられていると書いてあるのに・・・
 学校は
娘の遺書を否定  根拠の見えないものであると公表

 その後何度も何度も
  学校と教育委員会にお願いをし続け
  文科省にお願いし
 文科省は「遺族が納得するような説明をするように」と通達
  しかし
 文科省の通達では動かず
  どんなことをしても動こうとしない
行政と教育委員会を恐ろしくさえ感じたそうです

残るは裁判しかなかった
しかし 裁判は非情である
   いつだれがどこでどのような言葉でいじめたのかを
             遺族が立証しなければならない
 生きている加害者とそれを擁護する教員たち
は  みんなで口裏を合わせ
      ○○さんは勘違いして死んだと証言

   勘違いして死んだだけで終わらず
      家族を誹謗中傷
  指を怪我して
  保健室に行ったことが
  親による日常的な虐待とした

   被害者である○○さんはもう死んで発言できない

 娘のために 闘い続けたお父さんが
   ガンであることを妻以外には言わず
     ガン治療もほぼせず
     潔く静かに逝った(妻の言葉)
 書いていて涙があふれる
  まじめな本当にいい人でした
    きちんとして誠実で
   思いやりがあって  配慮のある
     子ども思いのお父さん

この人の娘さんが通っていた学校名をここで書いた時
  現在この高校に通っているという保護者から
   批判を受けた
   
この高校はすばらしい学校だ
   いじめの事を書くなんて
   あなたはなんてひどい人
今生きている子供たちを追い詰めるんですか・・・と・・・
そもそも
  いじめで死んだんではない
     勘違いで死んだという始末

その人たちに言いたい
  あなたの子どもが生きているから
   死んだ子供のことなんて
     どうでもいいのでしょうか

あなたにとってあなたの子どもが大切なように
 このお父さんにとっても 亡くなった娘は 大事な子どもです

 生きていた命です
 生きていられたいのちです

なぜ人をいじめ追い詰め
その子が死んでも  ウソをつき
  学校ぐるみで 生きている命を庇い
   亡くなったいのちは 最初からそこに存在していなかったような扱いをするんでしょうか
存在していたんです
 生きていたんです

 我慢強いお父さんとお母さん
  尊敬する遺族です

遺族はストレスで 病気になるケースが多い
  どうかどうか
   お健やかに 長生きして
     生きていたいのちを思い
   せめて自分の胸の中だけでも 生きていたいのちがあった事を
  思い続けてください

  誰も思わなくていい
  せめて自分は自分だけは
  生きている限り 
   思ってあげませんか・・・

 いじめないでください
    くさい!キモイ!死ね!
    と言わないでください

仲良くしないでいいので
   いじめないで・・・ニワゼキショウ4-thumb-350x241-171[1]
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR