FC2ブログ

自死遺族の個人情報が今後一元集約化されていくことを自死遺族のほとんどは知らない、それでいいのか!!!

miyamayomena400[1]

遺族が遺族の応援をしなくていいから
足を引っ張ることは やめてほしいといつも思う

 もっと大局を見てほしい

なぜ 自死しなければならなかったのか
  どんな問題があったのか
本来は
死にたい人なんていない
 死にたくて死んだのではない

そしてさらに  遺族の支援内容も偏見と差別的な概念での開催になっていて
  犯罪者よりも個人情報が流されていくであろうということも
      知ってほしい

遺族の事が遺族には知らされないで
   支援が決められ
  これから益々遺族の情報が流されようとしている

  反論をして
  新聞やネット新聞に掲載してもらったり
   記者に書いてもらったり

また 全国の県警本部の生活安全課と本部長に申し入れ書を送付
   公安委員会にも送付した

   国会議員にも個別に送り 知ってもらう作業をしている

 遺族が無知で 何も知らずにいる事が
    奴らには好都合なこと

   遺族がお互いに潰し合うことは彼らが望むこと

いいなりになる遺族がいればいいだけ
   自己主張のある遺族は
       潰されていく

誹謗中傷を流して・・・

それなのに
 遺族同士がいがみあっているのを見ると
  残念でならない

    力のない者同士
  力を合わせてほしいが
  力を合わせられないなら
      遺族同士が
  ご近所のうわさ好きなおばさんのように
     あ~だこ~だと「あっこもっこ」(津軽の方言で 悪口三昧)いうのは
       情けない
 幸せな時は 暇だからそんなことにエネルギーを使ってストレス発散もあるでしょうけど
    自死遺族がそんなことをしているのは
        残念のひとこと

  活動は 修行
    悟りを開くがごとし
煩悩との闘い

   裏切られても  裏切られても  何度裏切られても
  騙されても
  何度も騙されても

 どこまで 許せるのか

生きている私は 心が狭い


    亡き人は寛大である

黙ってみていてくれる

    息子の遺影は 時々微笑みが陰ることもあるが
     いつも おだやか

   亡き人のように 寛大でありたいが
      なかなか難しい

  今 自分たちの事が どのように議論されているのか
  どのように扱おうとしているのか
       知ってほしい

 「自殺対策の総合的かつ効果的な実施に資するための調査研究及びその成果の活用等の推進に端する法律」というのが
  6月に制定された。
     遺族の事情聴取の内容が警察庁から民間団体に(指定調査研究法人)に一元集約されるという内容である
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR