FC2ブログ

亡き人に許されて生きている・・・・

DSCF7777.jpg

  両親も一人っ子
   自分も一人っ子 夫も一人っ子
    子どもも一人っ子
    夫とは離婚
 子どもが自死
両親は死んでいない
  親族は誰もいない  祖父母の兄弟姉妹は?

  と思う

遠い親族がいても
 近い親族がいても
   日頃のお付き合いがあるかどうか・・・
知り合いが全くいないとしたら
   自分が知りあいを作らない人生を歩んできただけのこと


  母を自死で亡くし
    父を翌年にガンで亡くした
一人っ子もいる
 親戚は遠くにいる

   それでも 年に一度 父方の実家に埋葬してもらったので
           お墓参りに行く・・という遺族もいる

  私は友達はいないが
  知り合いはたくさんいる

    行きつけの小料理屋も複数ある

   行きつけのバーもある

    自分の居場所は自分で作るもの
 誰かから与えられるものではない

   人と知りあうという事は
     メリットもデメリットもある

   このブログは
    ひとり言
  他愛もない事から
  難しいことまで
    一人・・・思い浮かんだことを書いている

   裏切られることも多いが
     思いもよらない やさしさにも出会う
  それが
 人とのご縁   

   基本 人は大好き
      でも
  一人行動も苦ではない

   もともと もらわれっこ

  大人の中に子供が一人の家庭

   学校を抜け出して  1人で 遠くまで出かけていたことも多い

 1人でいる事も 嫌いではない

 瞑想や座禅もよくやっていた

      ひとりぼっち・・・という人がいる

人間は皆一人ぼっち

   1人で生まれ 一人で死んで逝く

  この世で生きているときに出会った様々な人たちと
  どう関係性を紡いでいくのか・・・

   他人でも 血のつながりよりも濃い付き合いもある

 それは
 自分が求めなければ 与えられない

 相手が求めても 自分が関心がなければ
   求められている事も知らずにいる

  息子が逝き
   幸せにはなれない

 死のうと思ったができなかった
 ならば
  どうやって生きたら
  息子へのお詫びになるのか

息子は
 今の私を見て
  どう思うのか・・・

 いつも考える

  自分の思いではなく
   亡き人の思いを感じられるように ・・感じて生きたい

  息子の思いを感じて生きたい

   だから 頑張る!
だから
  続ける
道は踏み外さない

息子と相談して
   導かれて生きている

生きなければ・・・
  それが
  息子を自死させてしまった 母として・・・の気持ちSYAT-015-m.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR